주요 기사 바로가기

UCLA韓国人教授「失敗を恐れれば他人の真似しかない」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.10 10:26
0
昨年まで世界で飛ぶように売れたスマートフォンの人気が、あたかもバブルがはじけるように消え、7-9月期の営業利益がわずか1年で半減した。さらには、実績の悪化をいつ、どのように反転できるのかさえも見えない。

最悪の「実績ショック」恐慌に陥ったサムスン電子に、現在ほど「革新」が強く求められる時はなかった。そのサムスンに向けて、世界的なロボット工学者デニス・ホン米カリフォルニア州立大(UCLA)教授(43)が愛情を込めて「苦言」を呈した。ホン教授は最近、中央日報のインタビューで、「サムスンの実績が大きく落ち、危機に対する恐怖が強まっているが、絶対に危機と失敗を恐れる雰囲気に向かってはいけない」と述べた。続いて「革新はもともと平坦な大きな道ではなく、絶壁に沿ってきわどく進んでいく時に成し遂げられるものだ」と強調した。

ホン教授が話す革新の定義が興味深い。「革新とはみんなが一緒に走っているところ、突然大きく飛躍して競争者を大きくリードすることだ」。そして「サムスンがジャンプしてけがをすることを考えれば跳べないはず。勇気と信念を持って跳んで成功すればそれが革新だ」と述べた。

ホン教授は米国初のヒューマノイド(人間型)ロボット「チャーリー」に続き、世界で初めて視覚障害者用の自動車「デビッド」(2011)を開発し、科学界の注目を浴びる若い科学者だ。2011年から昨年まで3年連続で世界ロボットワールドカップを制覇し、米ポピュラーサイエンスはホン教授を「若き天才科学者10人」に選定した。特に米国のTEDなどで情熱あふれる講演を通じて、理工系学生を中心に「青春メンター」としても人気がある。

ホン教授は最近、韓国を訪問し、特にサムスンの若い職員に会って対話をしたいと要請した。韓国の革新と企業文化において何よりもサムスンの役割が重要だと考えたからだ。この席である職員が映像メッセージをお願いすると、ホン教授は「サムスンの役員様、見てください」と語った。「危機の中で生き残りたければ失敗を許す雰囲気を作ってください。いくら人材育成、研究開発(R&D)を強調してもどうにもなりません。失敗を包容する企業文化が重要です」。ホン教授は「いま考えれば無鉄砲なことをした」と振り返った。しかしすぐ「失敗すれば切られるか、それとも包容されるのか、その違い」とし「失敗を恐れて新しいことができない企業は、他人のものを真似するしかない」と指摘した。いくら危機に追い込まれても革新を渇望する企業文化が「偉大な企業」を決定する契機になるということだ。


UCLA韓国人教授「失敗を恐れれば他人の真似しかない」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    UCLA韓国人教授「失敗を恐れれば他人の真似しかない」(1)

    2014.10.10 10:26
    뉴스 메뉴 보기
    デニス・ホン米カリフォルニア州立大(UCLA)教授が自ら開発した教育・研究用ロボット「ダーウィン-OP」を肩にのせて笑っている。ホン教授はロイヤルティーを受けずダーウィンのソースを世界オンラインに無料で公開した。
    TOP