주요 기사 바로가기

皇族の身分を捨てて…典子女王、民間人と結婚

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.07 09:01
0
日本皇室の典子女王(26)が5日、結婚式を挙げた。典子女王は明仁天皇のいとこである故高円宮憲仁親王の第二女子だ。新郎は民間人であり、出雲大社の権宮司である千家国麿さん。出雲大社の宮司である千家尊祐さん(71)の長男だ。結婚式は千家さんが神職を務めている出雲大社で行われた。日本において皇室の結婚は2005年明仁天皇の長女である黒田清子さん以降9年ぶりだ。

民間人と結婚した典子女王は日本皇室典範により皇族身分を失うことになる。日本政府は2人に1億675万円を支給することにした。

2人は新婚旅行の予定を立てておらず、島根県出雲で新婚生活を始める。2人が5月に婚約内定を発表した後、そのラブストーリーは日本で話題になった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP