주요 기사 바로가기

ノーベル医学生理学賞にオキーフ教授ら3人…脳内GPS解明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.07 08:29
0
私たちは位置をどのように認識するのだろうか。ある場所から別の場所へどのように道を探して行くのだろうか。このような情報をどのように頭の中に保存し、道をすぐに探すことができるのか。このような疑問に対する答えを見つけたジョン・オキーフ英ロンドン大学教授(75)とノルウェー科学技術大のマイブリット・モーセル教授(51)、その夫のエドバルト・モーセル教授(52)が、今年のノーベル医学生理学賞を受賞した。

スウェーデンノーベル委員会は6日、「脳内のGPS(全地球測位システム)を発見し、人が位置と方向を把握して道を探していく原理を究明した功労が認められる」とし、3人をノーベル医学生理学賞の受賞者に選定したと明らかにした。オキーフ教授は米国・英国の2重国籍者であり、モーセル夫婦はノルウェー出身。夫婦でノーベル賞を受賞したのは今回が歴代5回目となる。

オキーフ教授は1971年、マウスの実験を通じて位置によって海馬の神経細胞が異なる形で活性化するのを発見した。部屋の中のA地点にいる時はB細胞が、C地点にいる時はD細胞が活性化するというようにだ。オキーフ教授はこうした「場所(place)細胞」が周辺環境に対する「地図」を描き出すという事実を明らかにした。

30余年が過ぎた2005年にオキーフ教授のもとで訪問研究員生活をしたモーセル教授夫婦は、「脳のGPS」を構成するもう一つの核心要素を発見した。マウスが特定の位置を通る時、脳の嗅覚皮質にある細胞が格子パターンで活性化するのを発見したのだ。夫婦はこの「グリッド(格子)細胞」が、オキーフ教授が発見した細胞が作る「地図」で「緯度・経度」に該当する情報を提供するという事実を究明した。人が特定場所を記憶し、そこへ行く道を探すことができるのは、2つの細胞の相互作用のおかげというのが、科学者の説明だ。

ノーベル委員会は3人が明らかにしたこうした脳内GPSに対する知識が「アルツハイマー患者が空間に対する記憶を失う原理を理解するうえで役立つ」と明らかにした。

◆オキーフ教授、今月末訪韓=基礎科学研究院(IBS)は、オキーフ教授が20、21日にソウル大で開かれる第1回IBS-英国王立学会リサーチカンファレンスに出席するため韓国を訪問する予定だと明らかにした。このカンファレンスにはオキーフ教授ら英国の科学者11人とIBSの11分野の研究団長が出席する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP