주요 기사 바로가기

サムスン李健熙会長、車いすに座るほど回復

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.01 08:33
0
5月10日に急性心筋梗塞で倒れ入院しているサムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長が、車いすに座る水準まで回復したことがわかった。財界によると李会長は最近病室で周辺の助けを受け車いすに座ったり病室内で短いながらも移動している。

人を認識してコミュニケーションするほどではないが、ベッドで寝たきりの状態と車いすに座れる状態では差があるというのが医療界の解釈だ。これについてサムスン医療院は、李会長の具体的な医学的状態に対しての言及は避けたが、「(李会長の健康状態が)確実に良くなっているのは事実だ」とした。李会長の症状を見守ってきた心臓分野の専門医は、「明確な認知状態がなくても起こしていすや車いすに座ることができるなら非常に期待できるほどの肯定的な信号だ」と話した。

ただ、「感覚・運動神経の回復が次の段階の小さな活動や認知水準回復につながるかはもう少し見守らなければならない」と話した。李会長は心肺機能は正常さを取り戻したが、認知・判断の側面では「混迷状態」とみられる。外部から刺激が与えられれば手足を動かす段階だ。

李会長は現在サムスンソウル病院本館20階一般病棟VIP室に140日以上にわたり入院中だ。一時は意識回復が遅れ危篤だといううわさが広まったが、最近になりサムスンは李会長の健康状態が好転していることを何回も明らかにしている。入院100日を前後して各種推測が乱舞したことからグループレベルで説明に出たと分析される。

8月27日にサムスン医療院は「李健熙会長の健康状態が好転した。コミュニケーションが可能な状況ではないが目を合わせ手足を動かすなど状態がとても良くなった」と明らかにした。これに先立ちサムスン未来戦略室コミュニケーションチームの李濬(イ・ジュン)チーム長も「サムスン医療院の医療スタッフは持続的な回復があると期待している」と明らかにした。サムスン電子関係者は、「(会長の健康状態に対し)以前より肯定的な知らせが伝えられており、企業内部的にも回復に対する期待が大きくなっている」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン李健熙会長、車いすに座るほど回復

    2014.10.01 08:33
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長
    TOP