주요 기사 바로가기

<韓国遊覧船事故>海洋警察より事故現場に先に到着した180人「住民救助隊」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.10.01 08:29
0
30日午前9時14分、全羅南道新安郡紅島の船着き場。遊覧船の事務室に設置されたスピーカーからサイレンの音が鳴った。船の事故または火災の発生を知らせる非常信号だった。すぐに「遊覧船が座礁した。出動の準備をしてほしい」という声が流れた。5分も経たないうちに村の住民約180人が埠頭に集まった。このうち約30人が小型ボート10台ほどに分かれて乗り、事故地点へ向かった。埠頭にあった遊覧船8隻と漁船10余隻も後について出動した。

事故地点では171トン級の遊覧船バカンス号の船首が暗礁に乗り上げた状態で、乗客105人と乗務員5人が救助を待っていた。現場に到着した住民たちは遊覧船と漁船をバカンス号の横につけて乗客を移した。小型ボートは乗客が海に落ちた場合に救助するため周辺で待機した。

乗客と乗務員110人全員が遊覧船と漁船に移ったのは午前9時30分。紅島の住民が事故の知らせに接してから16分後だった。申告を受けた海洋警察の艦艇はその16分後の午前9時46分に到着した。

紅島の住民の迅速な救助は30年近い訓練の結果だ。1985年、紅島では遊覧船シンアン号が沈没し、24人が死亡、6人が行方不明となった。その後、住民は海洋警察などと共同で救助マニュアルを作り、毎年1、2回、マニュアルに基づいて訓練をしてきた。「事故の知らせを聞けばサイレンを鳴らし、住民は船着き場に集まる。速度があり海に落ちた乗客を救出しやすい小型ボートから出動させる」などがマニュアルの内容だ。

事故が発生したバカンス号はこの日午前7時20分に紅島港を出発し、紅島を1周しているところ暗礁に乗り上げた。事故海域は暗礁が多く、遊覧船が通らないところだ。バカンス号のムン船長(59)は「強風のため船が押し流された」と海洋警察で説明した。

海洋警察はムン船長と乗務員の過失の有無を調べている。海洋警察はムン船長が先月16日に入社し、バカンス号を担当してから15日しか経っていないという点で、運航の過失による事故の可能性を排除していない。

事故で乗客約20人が負傷し、機関室の床に1メートルほど穴が開いた。乗客のパク・ソンジュンさん(57)は「船がドンという音と同時に何かにぶつかった瞬間、体が前に倒れた」とし「瞬間的にセウォル号の事故が思い浮かび、恐怖を感じた」と語った。

乗客は「バカンス号の乗務員が比較的落ち着いて対応した」と伝えた。座礁の直後、乗務員は救命胴衣の着用を知らせ、着用した乗客を船の一番上に上がらせた。慌てる乗客を落ち着かせ、救命胴衣を着用させる乗務員もいた。

人命被害はなかったが、海洋警察では問題点が確認された。30日は風が強く、波の高さが2-2.5メートルだったが、海洋警察は問題がないと判断し、出港を許可した。匿名を求めた紅島住民は「この程度の波なら漁船は操業しない」と話した。

バカンス号は建造27年の古い船で、今年日本から導入した。海洋警察は5月13日、この船に対する運航許可を出した。セウォル号沈没事故発生から約1カ月後だった。免許期間は2023年4月までの10年間。免許期間が完了する頃には、使用年数37年の船が運航しているということだ。海洋警察側は「現場点検の結果、異常がなかったため許可した」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP