주요 기사 바로가기

<アジア大会>サッカー韓国代表監督…韓日戦10戦無敗(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.29 09:25
0
韓日戦ではジャンケンでも負けてはいけないという時代があった。アジア競技大会男子サッカー韓国代表のイ・グァンジョン監督(50)はこうした「克日のプレッシャー」を賢く切り抜けてきた指導者だ。2000年代に入りさまざまな年齢帯の代表チームを率い、9回の韓日戦を無敗(7勝2分け)で飾った。サッカー関係者は日本に特に強いイ監督について、「日本サッカー界が李舜臣(イ・スンシン)将軍ほど恐れる指導者」と話す。

「韓日戦は練習試合でも負けたことがない」というイ監督が通算10回目の対決でも笑った。韓国は29日、仁川文鶴競技場で行われたアジア競技大会の日本との準々決勝で、後半43分に主将・張賢秀(チャン・ヒョンス、23、広州富力)がPKを決め、1-0で勝った。韓国は2010年広州大会優勝チームの日本を破り、金メダルへの希望を高めた。アジア競技大会の韓日戦の成績も6勝1敗とした。

香港との16強戦(3-0勝)と試合の流れが似ていた。韓国はU-21(21歳以下)選手で組まれた日本を迎えて主導権を握りながらも、チャンスを生かせなかった。前半12分のイム・チャンウ(22、大田)のヘディングシュート、前半28分のイ・ヨンジェ(23、Vファーレン長崎)のターニングシュート、後半15分のイ・ジョンホ(23、全南)のシュートがわずかに外れた。

韓国選手が苦戦した背景には「プレッシャー」があった。イ監督はエントリー20人全員を兵役義務を終えていない選手で組んだが、兵役免除はニンジンであると同時にストレス要因だった。日本戦を控えて韓国代表チームが行った非公開PK戦練習で、選手の成功率は明確に落ちた。「自分の失敗で金メダルはもちろん、チーム全体の兵役免除まで失うかもしれない」という不安感のためだった。

弟子のプレッシャーを読み取ったイ監督は試合前のミーティングで、「90分以内に勝利を決めよう」と語った。イ監督は前半終盤にキム・ヨンウク(23、全南)がけがをすると、すぐにストライカーのイ・ジョンホを投入して攻撃的に出た。

後半41分、ペナルティーエリア内で空中のボールを争ったイ・ジョンホが大島僚太(21)の反則で倒れ、PKを獲得した。これを張賢秀が落ち着いてゴールを決めた。4万3000人のファンの歓声が競技場に響いた。


<アジア大会>サッカー韓国代表監督…韓日戦10戦無敗(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <アジア大会>サッカー韓国代表監督…韓日戦10戦無敗(1)

    2014.09.29 09:25
    뉴스 메뉴 보기
    イ・グァンジョン監督は28日の準々決勝で勝ち、韓日戦通算10戦無敗(8勝2分け)とした。
    TOP