주요 기사 바로가기

<アジア大会>北朝鮮女子サッカー監督「金正恩元帥様の配慮と愛のおかげ」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.09.26 11:35
0
「敬愛する金正恩(キム・ジョンウン)元帥様のこの上なく大きな配慮と愛が私たち女子サッカーの力の源」

北朝鮮女子サッカー代表チームのキム・グァンミン監督は25日、「金正恩元帥様は機会があるたびにあるだけの愛をすべて与えてくださり、すべての配慮をお返ししてくださる」と答えたと、韓国メディア「ニュース1」が報じた。

同日午後、仁川市延寿区(インチョンシ・ヨンスグ)の大会メーンプレスセンター(MPC)で開かれた記者会見で、北朝鮮女子サッカーが世界トップクラスの実力を発揮している背景を尋ねる質問に対する返事だ。

キム監督は「昨年、東アジア杯で優勝した後、私たち選手全員を近くに呼んで抱きしめて下さり、記念写真も撮って愛の贈り物もくださった」とし「今年8月11日には専門家もよく分からない部分まで私たちに親しく指導して下さった」と紹介した。

キム監督は今月23日、世界新記録を達成した北朝鮮重量挙げ(ウエイトリフティング)選手のオム・ユンチョルが記者会見で「最高司令官の金正恩同志が『卵を思想で満たせば岩も砕くことができる』という教えを下さった」と話した言葉に共感するともした。

今大会の組別リーグでベトナムと香港を相次いで5-0で撃破してベスト8に危なげなく入った北朝鮮女子サッカーチームは、26日に京畿道安山(キョンギド・アンサン)で中国と準々決勝を戦う。

キム監督は中国が防御力が良くなったと評価しながら「中国防御陣を崩して得点するために、選手たちがどのように動いていくかが決定的な要因になるだろう」と話した。

同日、記者会見に共に参加した中国女子サッカー代表監督は「サッカーはチームスポーツだ。特定の選手に依存するよりもチームワークで北朝鮮を相手に勝ってきたし、この基調を維持していく」として覚悟を明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP