주요 기사 바로가기

<アジア大会>朴泰桓、自由形400で銅メダル…3連覇ならず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.24 10:26
0
1/2
朴泰桓(パク・テファン)が23日、仁川(インチョン)文鶴(ムンハク)朴泰桓プールで開かれた2014仁川アジア競技大会水泳男子自由形400メートル決勝に出場し銅メダルを獲得した。朴泰桓が授賞式で金メダルの孫楊と銀メダルの萩野公介とポーズを取っている。
朴泰桓(パク・テファン、25、仁川市庁)のスピードが落ちた。朴泰桓は300メートルまで孫楊(23、中国)、萩野公介(20、日本)と接戦を見せたが、時間が経つほどトップとの差が開いた。最後のスパートに成功した孫楊(3分43秒23)が1位、萩野が3分44秒48で2位に入った。朴泰桓は孫楊に5秒以上遅れた3分48秒33で3位だった。

朴泰桓は23日、文鶴朴泰桓プールで行われた男子自由形400メートル決勝で大会3連覇に失敗した。レースの後半まで3人の選手は接戦を繰り広げた。序盤に飛び出した萩野をとらえた孫楊が中盤以降のレースを主導した。2000人を超える韓国ファンが大きな声援を送ったが、朴泰桓は終盤のスパートを見せることができなかった。

メーン種目の400メートルで金メダルを逃した朴泰桓の顔には悔しさが見られた。先月豪州で行われたパンパシフィック大会での記録(3分43秒15)さえ維持していれば金メダルが可能だったからだ。朴泰桓は「残念」という言葉を繰り返した。

朴泰桓は「大会開幕2、3日前までコンディションは良かった。練習通りにしていれば無難に1位になっていたかもしれない」とし「400メートルでは序盤に出ようという戦略だった。練習の時のようにしていればよかったが、後半に疲れが出た。自分が足りなかった…」と言葉尻を濁した。

朴泰桓は21日に行われた200メートルで銅メダルに終わった後、笑顔を失わなかった。むしろ「期待してくださった方々に申し訳ない」と話した。しかし「自分の名前が入ったプールで開かれる大会であり、周囲の期待が大きいのでプレッシャーもある」と胸中を表したりもした。

朴泰桓を4年間指導してきたマイケル・ボール・コーチ(豪州)もこうした点を感知した。ボール氏は400メートルの予選が終わった後、「韓国で開かれる大会なので朴泰桓が多くのプレッシャーを感じているようだ」と懸念を表した。

400メートルの決勝が終わった後、朴泰桓はそのプレッシャーについて具体的に語った。朴泰桓は「言い訳のようだが、韓国で開かれる大きな大会なので多くの方々が期待し、応援してくださった。しかし過度なサイン要請に苦しむなど困難な点もあった」とし「自分が良い方向で利用するべきだったが、そのようにできなかった」と話した。また朴泰桓は400メートルのレースを総括しながら「私がいろいろと未熟だったようだ」と語った。

朴泰桓は水泳選手として最盛期が過ぎた満25歳。朴泰桓が以前に見せたような勢いで孫楊と萩野が浮上してきた。朴泰桓に残されたレースは25日の自由形100メートル、26日の自由形1500メートル。200メートル、400メートルに比べて金メダルの可能性は高くないが、朴泰桓は「最善を尽くして、応援してくださる方々のために報いたい」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP