주요 기사 바로가기

<アジア大会>朴泰桓・孫楊・萩野公介、3人のアキレス腱は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.23 14:46
0
プレッシャー、親指の負傷、体力消耗。

仁川(インチョン)アジア競技大会の男子自由形400メートルで金メダルを争う朴泰桓(パク・テファン、25、仁川市庁)と孫楊(23、中国)、萩野公介(20、日本)は、1人ずつアキレス腱を持っている。

朴泰桓は、ホームの観衆の過度な応援がプレッシャーだ。「文鶴朴泰桓プール」は、朴泰桓の競技があるたびに観衆で満杯になる。競技前に選手たちが姿を見せる時から「朴泰桓、朴泰桓」を連呼する。21日の自由形200メートルで期待に沿えない成績で銅メダルを取った後、こんなプレッシャーをそっと表わした朴泰桓は23日午前、自由形400メートル予選を終えた後「率直に言って少しプレッシャーになる。今までコンディションの調節がうまくやってきたが、体が少し重くてすっきりしない感じがする」と困難を吐露した。アジア競技大会のほかにもオリンピックや世界選手権など多くの経験をしてきた朴泰桓も、ホームで開かれる大会と圧迫感が予想以上で大きいのだ。しかも競技場も自身の名前を取った「文鶴朴泰桓プール」だ。朴泰桓は「私が背負って行かなければならない部分だ。しっかり勝ち抜く」と覚悟を固めた。

孫楊は、親指の負傷が変数だ。自由形200メートルでタッチパッドをとって親指が折れた。水の流れを引く時に影響を受ける恐れがある。孫楊は22日に出場が予定されていたリレー800メートルにも出ずに休息を取った。水泳関係者は「孫楊にちょっと会う機会があったが、指がすごく腫れていた。自由形400メートルの競技当日は痛みがさらに深刻になっているかもしれない」とした。だが一種の煙幕作戦でもある。23日午前、自由形400メートルに出た時に孫楊は3分51秒17の記録で萩野公介(3分52秒24)と朴泰桓(3分53秒80)を抜いて全体1位で決勝に上がった。予選で4番レーンだった孫楊の隣の5番レーンだった朴泰桓も「孫楊の指のケガはそれほど深刻ではないようだ」と言っていた。

萩野公介は鋼鉄の体力を維持できるかがカギだ。萩野公介は自由形400メートル決勝で爆発的なスパートを見せて朴泰桓と孫楊を抜いて最初にタッチパッドをとった。これで終わりではなかった。22日の個人メドレー200メートル決勝で再びトップに立ち、30分もたたずに行われたリレー800メートルに2番目に出て仲間たちと金メダルを手にした。今大会初めての3冠王だ。背泳ぎ100メートルの銅メダルまで合わせればこれまで4種目に出場して全て入賞した。

鋼鉄の体力の原動力は若さだ。水泳関係者は「朴泰桓もあの年齢のころは全種目に出ても疲れなかった。それが最も怖い」と語った。だが中距離種目である自由形400メートルでも最後まで体力を維持できるかは未知数だ。水泳関係者は「おそらく乳酸がたくさんたまっているだろう。400メートルでもペースを維持するのは困難があるだろう」と見通した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <アジア大会>朴泰桓・孫楊・萩野公介、3人のアキレス腱は?

    2014.09.23 14:46
    뉴스 메뉴 보기
    21日、男子自由形200メートル決勝後、表彰台に立った金メダルの萩野公介(写真中)、銀メダルの孫楊(左側)、そして朴泰桓(パク・テファン、右側)。(写真=ISフォト)
    TOP