주요 기사 바로가기

外貨稼ぎに乗り出す海外の北朝鮮食堂、金日成バッジはずして整形も(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.23 13:17
0
1/2
サービスと歌、演奏を交代で行う彼女たちは公演中に客と一緒に歌って踊る。
入口に入るとすぐに北朝鮮4人組女性電子楽団が映画『ラブストーリー』の主題歌を演奏していました。彼女たちは韓国人客が団体でやって来るのも慣れているように淡々とした表情でした。メニューに25元と書かれた青島やハイネケンの代わりに60元の大同江(テドンガン)ビールを注文すると女性従業員は「味わえば好きになるでしょう」と歓迎してくれます。黄色いチョゴリを身につけた彼女の左胸には金日成(キム・イルソン)バッジの代わりに北朝鮮の国旗形のアクリル製の名札が付けられています。整形をしたのではないかと尋ねると、「対外奉仕部門は赤十字病院で無償で…」と話しそっと笑ってみせます。

今月初めに訪れた中国延辺朝鮮族自治州延吉市の国際ホテル。午後9時を過ぎた時間にロビーフロアに位置する北朝鮮式食堂「平壌(ピョンヤン)アリラン」は現地人と観光客で70席余りが満杯になっていました。食べ物よりはお酒を売って公演する所です。「わが国が一番良い」のような北朝鮮歌謡が流れると黒いドレスを着た女性演奏者がステージの中央に立ちました。チェロを取り出した彼女はフランク・シナトラの『マイウェイ』を演奏しました。ヤマハのキーボードとエレキギターが一緒に演奏しました。

少しの休息の後、今度は韓服姿の団員が登場し、21弦の改良カヤグムを弾きながら伝統舞踊と民謡を披露しました。続けてツーピースの洋装にハイヒールを履いた団員がダンス公演を見せました。このように衣装とレパートリーを完全に変えながら何回かのステージが続きました。よく見ると団員と従業員の区別はなかったです。たったいま公演していた楽団員がメニューを持ってお客を迎えるのです。

特異なものはリクエストコーナーです。100元を払うと楽団の演奏に合わせ自分だけのステージを用意してくれます。北朝鮮の楽団員は花かごを差し出して一緒に歌います。北朝鮮歌謡には乗ってくれるものの、ポップソングには沈黙したり席をそっと離れます。

中国の主要都市を主軸に海外に進出したこうした北朝鮮式食堂は外貨稼ぎの拠点です。閉鎖体制の北朝鮮に対する好奇心とのぞき見心理を活用するのです。現地の物価よりはるかに高い価格にもかかわらず盛業中であるのもそのためです。関係当局はロシアとイタリア、タイ、カンボジアなど10カ国余りに少なくとも30軒以上の食堂があるものと把握しています。
外貨稼ぎに乗り出す海外の北朝鮮食堂、金日成バッジはずして整形も(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP