주요 기사 바로가기

<アジア大会>日本、中国に11-0で7回コールド勝ち…野球

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.09.23 08:39
0
日本野球代表が中国と対戦し、2014仁川(インチョン)アジア競技大会の初勝利をマークした。日本代表は22日、ソウル木洞球場で中国と予選第1戦を行い、11ー0で7回コールド勝ちした。7-0とリードした6回裏、二死満塁から松本晃が走者一掃の二塁打を放ち、10-0として勝負を決めた。

最も目を引いたのは長打力のある打線だった。日本はこの日、中国の投手から12安打をマークした。このうち二塁打が5本、三塁打が2本。6番・中堅手で先発出場した藤島琢哉は3打数3安打1四球をマークし、2本の三塁打、1本の二塁打を放った。

4番打者の林稔幸は4-0とリードした2回裏二死、二、三塁から2点タイムリー二塁打を打つなど、4打数2安打3打点と活躍した。

先発投手の佐竹功年は3イニングを投げ、3被安打2四球1奪三振だった。毎回、得点圏に走者を出しながらも1点も与えなかった。続いてマウンドに立った幸松司(2イニング)、横田哲(1イニング)-井口拓皓(1イニング)が無失点で4イニングを抑え、勝利を守った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP