주요 기사 바로가기

中国大連で投資誘致に出た北朝鮮「韓国排除ではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.22 08:47
0
「(南側は)いつでもドアが開いているのだから入ってきなさい」。オ・ウンギル北朝鮮元山(ウォンサン)地区開発総会社の総社長(会長)が20日、中国遼寧省大連市のシャングリラホテルで開かれた北朝鮮の投資説明会場でした話だ。彼は「南側の態度の変化を待っていたが、これ以上待てず、海外投資の誘致をしようとするものであり、南側を排除するわけではない」と主張した。この日の説明会は、世界韓国人貿易協会(ワールド・オクタ)大連支会が用意し、中国や米国・豪州など僑胞(海外在住韓国人)企業の200人余りが参加した。北朝鮮ではオ会長ら5人が参加して史上初めて僑胞企業家を相手に投資誘致活動を展開した。

説明会はオ会長の投資関連法規と環境説明で始まった。彼は「すでに投資手続きを簡素化して国際的基準に合う投資規定も用意している」と強調した。彼は特に「外国人の投資法(19条)で投資企業と投資家の財産を国有化せずに、避けられない事情で国有化する場合は必ず補償をする」という法規定を紹介して出席企業家を安心させた。また海外企業から羅先(ナソン)など経済特区に投資する場合、所得税は14%を適用して先端技術など奨励業種の税率は10%でさらに低いとオ会長は紹介した。社会間接資本(SOC)に投資する場合、追加免税の恩恵も与える。質問応答も続いた。

--投資して財産を全て没収されるのではないかと不安だ。

「合法的な投資は、政府が必ず投資金を法で保障する」

--病院に投資したいのだが。

「私たちの共和国は医療サービスが全て無料なので、お金を儲けにくいため再考したほうがいい(笑)」

リ・シンニョル元山地区開発総会社副会長が出てきて「元山-金剛山国際観光地帯」開発と投資誘致の青写真も公開した。彼は観光地帯に歴史遺跡142カ所、白砂浜11カ所、自然湖9カ所があり、このほかにも676カ所の観光名所があると明らかにした。金江(チンジャン)ワールド・オクタ大連支会長は「北朝鮮は現在の金正恩(キム・ジョンウン)体制が安定化を図りながら経済難の解決を国家の最優先目標に定めて経済改革を推進中だ。今回の投資説明会も以前と違い、具体的で開放的・積極的なので、多くの僑胞企業家が対北朝鮮投資を考慮するきっかけになった」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国大連で投資誘致に出た北朝鮮「韓国排除ではない」

    2014.09.22 08:47
    뉴스 메뉴 보기
    リ・シンニョル副会長が20日「元山(ウォンサン)-金剛山(クムガンサン)国際観光地対」投資誘致計画を説明している。
    TOP