주요 기사 바로가기

【社説】遺族の暴力は遺憾、セウォル号の本質は忘れずに

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.19 11:19
0
セウォル号家族対策委員会の一部役員の代行ドライバー暴行事件は、なんとも言えないほど苦々しい。被害者の主張のように一方的な暴行なのか、家族対策委員長らの主張のように双方による暴行なのかは警察の捜査にかかっている。私たちが注目するのは、遺族代表が野党の国会議員と夜遅くまで酒を飲み、自分たちの気分を害したからといって暴力的に対応した情況だ。

一部の遺族が政治化して特権意識に浸っているという巷(ちまた)の疑問がわいているところにこの事件が起きることによって、遺族全体の純粋性まで疑いの目を向けられることになったという点は特に残念だ。一部のセウォル号遺族が14日、医療民営化などを非難する記者会見をしながら遺族らの政治集団化の憂慮も表面化した。また今回の事件で家族対策委役員が総辞職をすると一部の遺族は「セウォル号を政治的に利用しようとする勢力が多くなる中で対策委の一部で初心を失っていたが、よかった」という反応を見せることもした。セウォル号惨事一般人犠牲者遺族対策委も「辞任後、新しく入ってくる壇園(ダンウォン)高校遺族対策委の執行部は政治的色を排除する人物ならば良い」という意見を出した。遺族たちの内部にも政治化の恐れがあったということだ。

セウォル号事故5カ月を振り返ってみれば、韓国社会は誰彼なく初心を失ったことは事実だ。韓国社会の安全意識とシステムの水準がどれほど思わしくないのか確認させたこの事故をきっかけに、政府は安全を威嚇する積弊を清算して新しい安全システムを作るといったし、国民は安全社会を作るまで積弊を監視して政策を要求すると声を高めた。しかしその後、良くなったものはない。「残ったのは兪炳彦(ユ・ビョンオン)と特別法の対立」という話のように、セウォル号の本質である「安全社会の建設」は忘れられ、刺激的な話と対立で歳月を流した。政府は対立の後ろに隠れて積弊の清算と安全システムの拡充は忘れてしまったように見える。

暴力事件は法によって厳正に審判することを望む。しかしこのことでセウォル号の本質を曇らせてはいけない。「安全社会」建設のために私たちは依然として、セウォル号を忘れてもセウォル号が政治に利用されてもならないという点を覚えておこう。政府も遺族も国民も誰もが初心を再確認しなければならない時だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP