주요 기사 바로가기

サムスングループ、韓国GDPの4.7%を占める

ⓒ 中央日報日本語版2014.09.18 15:38
0
サムスン・現代車・SK・LGなど、韓国4大グループ企業の付加価値総額が国内総生産(GDP)の10%水準に達するという調査結果が発表された。4大グループ企業の2013年追加価値総額は合計140兆2000億ウォン(約14兆6228億円)。

17日、企業経営成果評価サイト「CEOスコア」が売上を基準に韓国の425企業の付加価値創出額を調査した結果、合計254兆1600億ウォン(約26兆5597億円)だった。

企業の付加価値は法人税差し引き前の純利益に人件費、減価償却費、純金融費用、賃借料、租税公課(法人税除外)等、監査報告書の内訳だけを集計した。

500大企業に属したサムスングループ19企業の系列会社の付加価値創出額は、68兆3700億ウォン(約7兆1446億円)で最も多く、GDPの比重4.7%を占めた。

2位の現代車グループ(18社)の付加価値額も37兆6400億ウォン(3兆9333億円)でGDPの比重は2.6%となった。LG(14社)とSKグループ(19社)は、19兆3500億ウォン(約2兆220億円)と14兆8800億ウォン(約1兆5549億円)で3、4位を記録した。

4大グループ企業が創出する付加価値は計140兆2000億ウォン(約14兆6509億円)とGDPの9.7%を占めた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP