주요 기사 바로가기

「暴行事件」でセウォル号対策委役員が全員辞任

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.18 15:53
0
セウォル号惨事家族対策委員会の役員9人が、17日未明に発生した代行運転記事など暴行事件についての責任を負って全員辞任することを決めた。

ユ・ギョングン家族対策委広報担当(45)はこの日、報道資料を通じて「キム・ビョングォン委員長(50)やキム・ヒョンギ首席副委員長(51)らセウォル号遺族5人が飲酒状態で起こした暴行事件に関連して、委員長団と事件関連者が連帯責任を負って全員辞任する」と明らかにした。辞任するのはこの2人とユ広報担当、▼チョン・ミョンゾン真相究明分科副委員長▼ハン・サンチョル対外協力分科副委員長▼チョン・ソンウク珍島(チンド)支援分科副委員長▼ユ・ビョンファ心理治療分科副委員長▼イ・ヨンギ幹事▼チ・イルソン氏らだ。家族対策委は21日に総会を開いて新しい委員長ら執行部を再構成する予定だ。これに先立ちソウル永登浦(ヨンドゥンポ)警察署は「17日午前0時40分ごろ、汝矣島洞(ヨイドドン)のKBS(韓国放送公社)別館の後方でキム委員長ら遺族が代行ドライバーや通行人2人に暴行しているという申告を受け付けて捜査中」と明らかにした。

警察によればキム委員長ら遺族は、前日に新政治民主連合のキム・ヒョン議員と酒を飲んだ後、帰宅しようと代行ドライバーを呼んだ。しかし到着後30分余り待っていた代行ドライバーのイさん(52)がキム議員一行に「行かないなら戻る」としながら争いになった。この過程で遺族の1人が「国会議員に謙虚にしていない」と指摘しながら小競合いになった。現場を目撃したノさん(36)ら通行人2人も争いを止めようとしたが暴行事件に巻きこまれた。

顔や首などに打撲のけがを負ったイさんは警察の調査を受けた後、帰宅した。ノさんらも一方的にやられたと述べた。

だがキム委員長とキム首席副委員長は自分たちも暴行されたとして現在、安山(アンサン)の病院に入院している。キム委員長は骨にひびが入り、キム副委員長は歯が折れたと主張しているという。

警察関係者は「参考人と目撃者の陳述を確保し、セウォル号遺族らに対しては手続きによって調査を進める予定」としながら「一方的な暴行なのか、双方の暴行なのかを確認するため調査を集中する」と話した。家族対策委は「今回のことで失望した遺族や国民の皆様に心より謝罪の言葉を申し上げる」として「18日午前中に警察に行く」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP