주요 기사 바로가기

韓国、自殺・胃ガン・交通事故の死亡率がOECDの「最上位水準」

ⓒ 中央日報日本語版2014.09.17 14:51
0
16日、韓国における自殺・胃ガン・交通事故の死亡率が経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最も高い水準であることが明らかになった。

韓国保健社会研究院が刊行した「OECD加盟国の死亡原因別死亡率の比較」によると、韓国の自殺死亡率は2012年人口10万人当たり29.1人で、2002年(22.7人)に比べ28.2%増加した。2012年を基準にOECD加盟国ので最も高い数値だ。

また、胃ガン死亡率は2012年23.4人で2002年(42.8人)より減少したが、依然としてチリ(27.9人)、日本(25.4人)に続いて3番目に多い。

さらに交通事故による死亡率も2012年13.9人で2002年(25.2人)に比べ減少したが、メキシコ(17.4人)、チリ(14.0人)に続き、こちらも三番目に多いことが明らかになった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP