주요 기사 바로가기

約束のない「第2ロッテワールドオープン」承認…生活行き詰まる職員(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.15 15:21
0
「3年間黒字だった会社がロッテワールドモールのオープンが遅れて赤字に転換しました」。

外食企業ELX F&Bのキム・ヨンチャン理事はこの頃、気が焦っている。キム理事はロッテワールドモールに661平方メートル(約200坪)規模のレストラン「P.F.Chang’s」を開くことにして5月に準備を終わらせた。だがオープンが遅れて4カ月で赤字が4億ウォン(約4000億円)を超えた。米国フランチャイズのこの店は、米国内に210店、18カ国に45店のフランチャイズを持つブランドだ。キム理事はP.F.Chang’sを韓国に持ってくるために3年間本社と接触し、昨年ロッテワールドモールに1号店を出すことになった。

キム理事は「職員9人を米国本社に送って3か月間教育させるだけで1億5000万ウォンかかり、人件費で1億8000万ウォンが出て行った」と話した。5月のオープンに合わせて選んだ20人余りのスタッフも問題だった。8月までは交通費を30万ウォンずつ支給してスタッフを連れていたが、オープンが約束なしに延期されると、これ以上つかまえておくことはできなかった。キム理事は「すぐに給与をもらわないと生活できないスタッフが多く、別の仕事を探せと見送った」と苦々しそうに言った。

ロッテワールドモールはソウル蚕室(チャムシル)に建てられる第2ロッテワールド建物の1つで商業施設(ショッピングモール)だ。ロッテワールドの「低層部」と呼ばれるが、現在建設中の123階(高さ555メートル)の「ワールドタワー」から100メートル離れた別の建物だ。ロッテ側は6月ソウル市に臨時使用承認を申請したが、ソウル市は交通・安全問題をもう少し補完するようにとして承認を保留した。8月にロッテが補完結果を提出し、今月4日にソウル市が承認の有無を決めることにしていたが、再び延期された。ソウル市は11日▼専門家が参加する安全訓練▼プレスツアー▼交通状況モニタリング▼松坡区(ソンパグ)・松坡警察署・ロッテのタスクフォースチーム(TFT)構成が必要だとして決定を延期した。

ロッテワールドモールのオープンが4カ月以上遅れながら入店企業や職員の苦悩が深刻化している。ファッション商品店舗「Taste 5.1」のキム・ヨンジャマネジャー(42)は、23年ぶりに仕事を休むことになった。7月に働いていた店に辞表を出して7年間一緒に仕事をしたスタッフ2人を連れて出たが、オープンの約束がなく失業者になってしまった。自身についてきて辞表を書いたスタッフに3カ月もまったく給料を出せないのがしのびなくて先月は別の売り場でアルバイトをした。秋夕(チュソク、中秋)にはお小遣ぐらいあげなければとの思いからだ。

協力企業の失望も少なくない。Taste5.1に商品を納品する企業はほとんどが零細の新進デザイナーだ。屋上や一部屋に作業室を置いて仕事をする若者たちだ。キムマネジャーは「販路を確保して夢を膨ませている若いデザイナーにもう少し待ってほしいと話すのも辛い」としながら「彼らや私も孤独な境遇」と吐露した。
約束のない「第2ロッテワールドオープン」承認…生活行き詰まる職員(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    約束のない「第2ロッテワールドオープン」承認…生活行き詰まる職員(1)

    2014.09.15 15:21
    뉴스 메뉴 보기
    第2ロッテワールドのショッピング・文化施設であるロッテワールドモール内部。ロッテ側が6月完工後に臨時使用の承認申請をしたが、ソウル市で承認の有無を決めていない状態だ。
    TOP