주요 기사 바로가기

韓国南海を襲った赤潮…魚類200万匹大量死

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.12 13:46
0
慶尚南道南海郡弥助邑(キョンサンナムド・ナムヘグン)の近海で囲い網養殖を営むイ・ヨンシクさん(58)は、秋夕(チュソク、中秋)連休期間を海で過ごした。うす赤い帯を形成して近づく赤潮からタイ・ソイ・スズキなどの魚類50万匹を守るためだった。イさんは10~20トンの船5隻を養殖場の周辺に配置させてスクリューで波を起こしながら近づく赤潮を押しやった。飼料を減らし液化酸素も養殖場に継続していれた。だが8日にタイ約5万匹など9日までに10万匹余りが全滅した。イさんは最後の手段として船3隻を利用して養殖場を20キロ離れた赤潮のない別の海に移した。彼は「移した場所まで赤潮が広がらないかと心配」とため息をついた。

南海岸の赤潮(有害性コクロディニウム)は7月24日、巨済市一運面(コジェシ・イルンミョン)の只心島(チシムド)~麗水市華井面(ヨスシ・ファジョンミョン)海域で初めて発生した。その後、被害が少しずつ出てきて秋夕直前から急激に増えている傾向だ。

慶尚南道によれば11日に約81万匹など先月26日以降これまで統営(トンヨン)・巨済市と南海郡海域で漁師39人が所有する約202万匹が大量死した。被害額は34億3299万ウォンに上る。漁師6人は大量死を防ぐために養殖場の魚80万匹余り(2億7900万ウォン相当)を海に放った。

被害が発生した南海・統営・巨済などの海域は去る2日から赤潮警報(1ミリリットルあたり1000個体以上)が発令された状態だった。慶尚南道ではソイ・タイなど約3億匹を養殖している。このうち昨年は約2800万匹(被害額247億ウォン)が赤潮で死んだ。漁師らは休日返上で泥水をばら撒くなど魚類を守るために全力をふりしぼりながらも昨年の同じような被害を心配している。

現在、赤潮は南海岸を経て慶尚北道浦項市(ポハンシ)~盈徳郡(ヨンドクグン)(赤潮警報)、盈徳郡~蔚珍郡(ウルチングン)(赤潮注意報)など東海岸まで北上した。釜山(プサン)機張郡(キジャングン)海域にいた冷水帯が弱くなって速い海流に乗って赤潮が東海岸に流入したのだ。これによって11日東海岸の海水を吸い上げて使っている浦項市九龍浦(クリョンポ)一帯の陸上養殖場7カ所のヒラメ・ヌマガレイ6万2000匹余り(2億600万ウォン相当)が死んだ。全国的に被害が拡大しているのだ。

問題は今月末までこのような状況が続くだろうという点。南海岸が南風の影響で赤潮生物が増殖しやすい水温(24度前後)を維持している。また秋夕以降の残暑で日照量が増えながら有害性の赤潮の密度がしばらく増加すると展望されている。

国立水産科学院の南東海水産研究所のパク・テギュ博士(41)は「水温が22度以下に落ちれば赤潮生物の活動が鈍化するが、今月末まで似たような水温が維持されると思われ漁師の格別の注意が必要だ」と話した。慶尚南道は政府に防除事業費15億ウォンを緊急要請して養殖漁師にエサの供給中止、液化酸素供給、養殖場移動などの徹底した管理を要請した。被害拡大を防ぐために船舶165隻を動員して養殖場の周辺海域を中心に黄土をばらまいている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国南海を襲った赤潮…魚類200万匹大量死

    2014.09.12 13:46
    뉴스 메뉴 보기
    11日慶尚南道南海郡(キョンサンナムド・ナムヘグン)の弥助(ミジョ)港にあるタイ養殖場で漁師が赤潮で死んだ魚を取り出している。
    TOP