주요 기사 바로가기

豪州大使「韓国は忙しい国…招待行事が多すぎて大変」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.05 13:23
0
「今週、北朝鮮を訪問して支援食糧がまともに分配されているのか調べようとしたが、北朝鮮外務省のビザ発行拒否で入国できなかった」。

北朝鮮大使も兼任しているウィリアム・パターソン駐韓豪州大使は4日、ソウル鍾路(チョンノ)の豪州大使館でのインタビューで「6月に続き2回目の北朝鮮訪問が拒否された」と話した。6月、ジュリー・ビショップ豪州外相が「ボイスオブアメリカ(VOA)」のインタビューで「周辺国を威嚇して自国民を虐待する金正恩(キム・ジョンウン)は指導者としての正当性を主張できない」と語ったことに対する報復次元のものだという。

彼は「豪州政府は北朝鮮の核やミサイル、人権に対して憂慮しており、北朝鮮との対話を持続するつもり」としながら「近く北朝鮮訪問を再び推進するだろう」と強調した。豪州政府は北朝鮮の「苦難の行軍」時期である1994年以降、人道的レベルで8500万ドル(約865億ウォン)を支援し、世界食糧計画(WFP)を通じた食糧の分配と監視にも活発に参加している。豪州は韓国と1961年、北朝鮮と74年にそれぞれ修交した。

パターソン大使は「最大の懸案は韓国・豪州自由貿易協定(FTA)の発効」として「今年末までに韓国の国会を通過することを望む」と話した。韓国・豪州政府は4月にFTAに署名したが、韓国の国会ではセウォル号事件の余波で批准が遅れている。彼は「FTAが発効されれば韓国製の電子・機械・自動車などの関税率が直ちにゼロ%に下がるだけに、日本・中国製品と競合する韓国製品の価格競争力を高めるのに役立つだろう」と話した。日本と豪州も4月にFTAに署名して日本での国会批准を待っている。日本の国会が韓国よりも先に豪州とのFTAを批准する場合、韓国製品の販売に打撃を与える展望だ。

パターソン大使は「豪州は米国を除いては唯一、韓国と2プラス2(国防・外交長官)会談を定例的に持つなど緊密な関係を結んでいる」として「豪州の閣僚が韓国をしばしば訪問する一方、韓国の長官たちは豪州をほとんど訪問しないので両国協力のために韓国政府レベルの交流がさらに多ければ良い」と希望した。

昨年4月に赴任したパターソン大使は「韓国は非常に忙しくて激烈で仕事が多い国」として「招待された行事に全て参加したら体がいくつあっても足りず、招待行事の4分の1程度だけ参加している」と話した。彼は「毎朝、城北洞(ソンブクトン)の官邸近くの北岳(プガク)スカイウェーを散歩するが、散歩している住民たちと互いに挨拶を交わす」として「今秋にはソウル城郭の道を探訪する計画」と明らかにした。

彼は「韓国にきてクラシックやジャズ、大衆音楽の公演によく行く」として「平昌(ピョンチャン)の大関嶺(テグァルリョン)国際音楽祭には2年連続で参加したが、韓国のレベルの高い音楽にすっかり夢中になった」とした。引き続き「この音楽祭に豪州の音楽家が参加しないのが残念で、大会組織委に話したところ、これを前向きに検討することになった」として「今日(4日)、初めてのギター演奏のCDレコードを出すジョン・ウォーカー韓国マッコーリーグループ会長のような豪州人が音楽祭に招いてもらえるのではないか」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    豪州大使「韓国は忙しい国…招待行事が多すぎて大変」

    2014.09.05 13:23
    뉴스 메뉴 보기
    ウィリアム・パターソン駐韓豪州大使は「豪州は米国以外に韓国と唯一の国防・外交長官会談を定例化している」として「今後、民間だけでなく政府レベルの交流がさらに多ければ良い」と明らかにした。
    TOP