주요 기사 바로가기

ロッテ免税店、業界で初めて日本進出…関西国際空港店オープン

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.09.04 14:50
0
ロッテ免税店が韓国企業では初めて日本に大型免税店を出した。

ロッテ免税店は4日、大阪の関西国際空港第1ターミナルに330平方メートル(100坪)規模の売り場をオープンした。日本人・中国人が好む韓国化粧品ブランドを幅広く販売する。化粧品のほか、ファッション雑貨・電子製品・時計など、さまざまな品目を扱う。契約期間は2020年3月まで。

韓国ロッテ免税店とのシナジー効果も狙う。関西空港店で購入すれば、仁川・金浦空港店で使用できるプリペイドカード引替券を贈呈する。李洪均(イ・ホンギュン)ロッテ免税店代表取締役は「両国観光産業のモメンタムの役割をしたい」と述べた。

韓流スターのチェ・ジウが関西空港店の広報大使を引き受けた。ドラマ『冬のソナタ』『天国の階段』などで日本で韓流を起こした最初の女優だ。

ロッテ免税店は日本のほか、インドネシア、シンガポール、グアムなどで5つの免税店を運営している。2012年にオープンしたインドネシア・ジャカルタ空港店はわずか1年で同空港内の免税店で売上高トップとなった。

ロッテ免税店は現在、世界免税店市場で4位。今年は3位を目標としている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP