주요 기사 바로가기

韓国市場に強力な海外SUVが押し寄せる

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.09.02 14:58
0
今年下半期の韓国市場にはさまざまなスポーツ用多目的車(SUV)が発売される見込みだ。8月だけでも4車種がデビューした。18日にBMW X4、20日にジープチェロキー、25日にメルセデスベンツGLA、28日に起亜ソレントがベールを脱いだ。さらに9月にはリンカーンMKC、10月にはレクサスNXとアウディQ3のマイナーチェンジモデル、11月には日産キャシュカイが登場する。

最新のSUVには共通点がある。それはこじんまりとした車体だ。特にプレミアムブランドが大きな関心を向けている。停滞した高級車市場で小型SUVの販売が急速に増えている理由だ。ポルシェが年初に公開した調査結果によると、2007年のプレミアム小型SUV市場規模は46万4000台。一方、今年は185%増の132万4000台、2019年には172万台と予想されている。プレミアム自動車ブランドがこうした需要を傍観するはずがない。主導権を握るために急いで新車を投入している。

もちろん企業別に戦略はさまざまだ。ジャンルやサイズが重なるだけで、ターゲットとする年齢層や性向には差がある。この市場の後発走者であるリンカーンMKCとレクサスNXが対照的な例だ。6月にリンカーンが米サンタバーバラで行ったMKC試乗会で会ったチーフエンジニア、ジョン・ジュレイク(John Jraich)は「子どもを独立させたベビーブーマーがターゲット」と説明した。米国でベビーブーマー世代は第2次世界大戦直後の46年から64年の間に生まれた人たち。米統計庁の2011年の資料によると、約7600万人だ。全体人口の28%。しかしこのベビーブーマーが米国金融資産の77%を握っている。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)の報告書によると、米ベビーブーマー世代の消費特徴は大きく3つ挙げられる。1つ目、「使い果たして死ぬ」だ。財産を子どもに譲るよりも自分のためには使うことを望む。2つ目は「最新製品」に関心が大きい。旧世代とは違い、新しいものに好奇心が多い。3つ目が最も重要だ。年を取ったと感じさせる製品とサービスを嫌う。プレミアム小型SUVはさまざまな面でベビーブーマー世代と合うようだ。

この人たちは若い頃のように大きな車を誇ることに関心がない。とはいえ小さな車も望まない。幅広いジャンルの中でSUVが注目される理由はここにある。高さがあるため小さく見えない。荷物空間が大きく、積み下ろしもしやすい。さらにセダンよりも若く、はつらつとした雰囲気だ。また、SUV四輪駆動システムを選択する場合、豪雨や大雪など変化が激しい気候でも比較的安心できる。さらに、年を取るにつれ反射神経が自覚するほど鈍化する。このため運転手のミスを減らし、苦労を減らす各種電子装備が必要だ。プレミアムブランドは可能だ。

しかしNXを前面に出したレクサスの視点は違う。NXプロジェクトは2009年に始まった。金融危機の余波でレクサスの最大市場である米国の景気が冷え込んでいた時期だった。しかしチャンスでもあった。当時、豊田章男社長はレクサスの全面改革を注文した。感性を刺激する車を求めた。レクサスはNXを「プレミアムアーバン(urban)スポーツギア」と定義した。活動的なイメージの高級精密機械を志向した。究極的にはスポーツカーとSUVの融合を目指した。冒険に寛大な顧客を狙った。

一方、すでに小型SUVでリードするブランドは「ニッチ戦略」に集中している。BMW X4が代表例だ。X3を基礎に前後のガラスを倒し、屋根を低くした。(中央SUNDAY第390号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国市場に強力な海外SUVが押し寄せる

    2014.09.02 14:58
    뉴스 메뉴 보기
    米クライスラー社のジープオールニューチェロキー。韓国でも今月発売された。2.0Lディーゼルモデルは燃費14キロを誇る。(写真=クライスラーコリア)
    TOP