주요 기사 바로가기

映画・ドラマ、韓流コンテンツと漢風資本でハリウッド脅かす(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.27 11:23
0
「韓中合作映画の『最後の晩餐』が中国で興行に大きく成功し、韓国とアジアに輸出される予定です。こうした成功事例を他の分野でさらに拡張していくべきです」。昨年6月に中国を国賓訪問した朴槿恵(パク・クネ)大統領は韓中ビジネスフォーラムに参加し両国の文化産業の融合を強調した。映画『最後の晩餐』は韓国のCJ E&Mが企画し、監督・撮影・音楽・編集は韓国が、シナリオ・主演・配給は中国が担当して制作した韓中共同作品だ。昨年4月の中国公開では第1週にボックスオフィス1位となり、5週間で1億9197万元を稼ぐ記録を立てた。

文化産業は韓中修交から22年にわたり両国関係発展の牽引車だった。ドラマと大衆文化は韓流と漢風という名前で相手国の情緒に食い込んだ。韓流を背にした韓国の文化コンテンツは大陸を駆け巡った。経済的成果も大きかった。恐ろしいほど成長する中国の市場規模が動力だった。

2013年の中国の映画観客数は約6億1200万人、興行収入は217億6900万元を記録した。1人当たりの鑑賞作品数はまだ0.45本にすぎない。成長の可能性はハリウッドのDNAまで変えた。

世界興行収益10億5446万ドルを収めた『トランスフォーマー/ロストエイジ』は中国で3億100万ドルを稼いだ。米国で収めた2億4336億ドルより多い金額だ。差額だけで589億ウォンだ。ハリウッドが米中対立の仲裁者になるかのような姿だ。

英フィナンシャルタイムズは最近世界2位に成長した中国の映画市場が2020年には北米市場を凌駕すると予想した。ボックスオフィスアナリストのフィル・コントリーノ氏は、「彼らは学んでいる。作品水準を高めている。彼らがさらに多くのお金を映画に投じるほど彼らはストーリーテリングテクニックをさらに多く学ぶだろう。水準はさらに高まるだろう。ハリウッドの予想よりそのスピードは速いだろう」とみる。韓国映画の水準を超えられるという意味だ。


映画・ドラマ、韓流コンテンツと漢風資本でハリウッド脅かす(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    映画・ドラマ、韓流コンテンツと漢風資本でハリウッド脅かす(1)

    2014.08.27 11:23
    뉴스 메뉴 보기
    映画、演劇、音楽など文化分野が新たな中国ビジネスカテゴリーに浮上している。2006年に中国市場に初めて進出したCJ CGVは上海と北京など16都市28カ所の劇場で216個のスクリーンを運営する。(写真=CJ)
    TOP