주요 기사 바로가기

韓国、家計負債1040兆ウォンに…15カ月連続で最高

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.27 08:00
0
韓国の家計負債が1040兆ウォン(約106兆円)に膨らんだ。韓国銀行(韓銀)が今年6月末の家計信用(家計負債)を集計した結果だ。昨年3月末以降、5四半期(15カ月)連続で過去最高となった。昨年末1000兆ウォンを超えた家計負債は1100兆ウォンに近づいているところだ。増加幅は今年1-3月の3兆5000億ウォンから4-6月には15兆1000ウォンに拡大した。家計負債の増加ペースが落ちない。

その“主役”はやはり住宅担保貸出だ。チョン・ヨンテク韓銀経済統計局長は「政府の固定金利貸出比率拡大方針を受け、一部の銀行が混合型(固定+変動金利)貸出を増やし、住宅担保貸出の規模が増えた」と説明した。

問題は今後だ。金融当局は1日、住宅担保認定比率(LTV)と総負債償還比率(DTI)規制を緩和し、14日に韓銀は政策金利を引き下げた。すべて家計負債の増加要因だ。

現代経済研究院のキム・グァンソク研究員は「今年下半期にも家計の負債は増える見込み」と述べた。「利下げと貸出規制緩和の効果が今年7-9月期から本格的に表れるうえ、10-12月期は引っ越しが多い時期であり、伝統的に家計貸出が増える時期」と説明した。

一方、金融委員会と金融監督院の調査の結果、1日のLTV・DTI規制緩和後、銀行の住宅担保新規貸出は増え、信用貸出は減っていることが分かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP