주요 기사 바로가기

韓国リトル野球が強くなった理由...日本に続き米国にも勝利(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.26 11:11
0
韓国リトルリーグ代表が3-1とリードした5回表、シン・ドンワンがソロ本塁打を放った。元気よくダイヤモンドを回るシン・ドンワンは、韓国プロ野球ハンファ・イーグルスのフェリックス・ピーエイ(29、ドミニカ共和国)を真似て三塁コーチと挙手敬礼した。チームメートはホームプレートに集まり、シン・ドンワンと一緒に陸上スター、ウサイン・ボルト(28、ジャマイカ)の弓矢ポーズを見せた。満12歳。幼いが強い少年たちは野球を存分に楽しんだ。

パク・ジョンウク監督が率いる韓国代表は25日(日本時間)、野球宗主国の米国で行われた第68回リトルリーグワールドシリーズ(世界リトル野球選手権大会)決勝で、シカゴ地域の代表チーム、ジャッキー・ロビンソン・ウェスト(JRW)を8-4で降し、優勝した。国際グループの試合で日本を2回も破り、米国グループとの最終決勝でも勝った韓国代表は1984・85年大会の2連覇に続き、29年ぶりに3度目の優勝を果たした。

試合を中継したホ・クヨン解説委員は「選手たちはパワーで米国に全く劣らなかった。さらに攻撃的な走塁など韓国野球の個性が加わり、優れた競技力を見せた」と話した。韓国の選手はディレイドスチール(捕手がボールを捕球し、油断している間にする盗塁)など、レベルの高い作戦も成功させた。

今大会の決勝5競技で韓国が放った本塁打は9本。先発投手ファン・ジェヨンが投げた80マイル(約129キロ)前後の速球に、米国の打者のバットが空を切った。大会を米国全域に中継したESPNの画面には「成人投手換算球速」が表示されたが、ファン・ジェヨンをはじめとする韓国投手の速球スピードは92マイル(約148キロ)に達した。成人になれば柳賢振(リュ・ヒョンジン、27、LAドジャース)より速い球を投げることができる、ということだ。柳賢振の今季の直球平均球速は90.8マイル(約146キロ)だ。
韓国リトル野球が強くなった理由...日本に続き米国にも勝利(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP