주요 기사 바로가기

6カ国協議特使に知韓派サイラー氏…ソン・キム首席代表と2トップ体制へ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.26 09:41
0
オバマ米大統領が1年以上も空席だった6カ国協議特使の人選を終え、任期後半期の韓半島(朝鮮半島)外交陣容を一新した。6カ国協議特使は国務省の対北朝鮮政策特別代表の傘下で、朝米間の非公式対話の窓口であるニューヨークチャネルを担当する要職。昨年6月までこのポストを引き受けたクリフォード・ハート特使が香港総領事に発令された後、14カ月間空席だった。

韓米外交消息筋によると、この空席を埋める人物はシドニー・サイラー現ホワイトハウス国家安保会議(NSC)韓半島担当補佐官という。サイラー氏は任命手続きが完了すれば、ニューヨークのチャン・イルフン国連北朝鮮代表部次席大使の新しいカウンターパートとなる。

サイラー氏の直属上司にあたる6カ国協議首席代表の対北朝鮮政策特別代表にはソン・キム駐韓米大使が内定した状態だ。キム大使は国務省東アジア太平洋局副次官補も兼職する。キム大使の後任にはマーク・リッパート国防長官首席補佐官が指名され、議会の承認を待っている。リッパート国防長官首席補佐官の後任にはレクソン・リュ前ホワイトハウスNSC不拡散担当官(41)が抜擢され、最近業務を始めた。韓国系が米国防長官首席補佐官に抜擢されたのは初めて。

ソン・キム大使と対北朝鮮ラインで呼吸を合わせるサイラー氏は、ワシントン政界の代表的な実務型知韓派に分類される。米中央情報局(CIA)で27年間にわたり対北朝鮮情報収集と分析をし、北朝鮮専門家となったサイラー氏は、国家情報局(DNI)で北朝鮮担当副調整官を務め、訪朝の経験もある。1994年には『金日成1941-1948、伝説創造と政権樹立』という本を出し、金日成(キム・イルソン)がソ連を牽制しながら政権を固めた過程を分析した。

韓国に対する理解も深い。修士学位は延世大国際大学院で韓国学を研究して取得した。韓国人女性と結婚し、息子のショーン・サイラーは現在ソウルのある外交関連政策研究院で勤務中という。


6カ国協議特使に知韓派サイラー氏…ソン・キム首席代表と2トップ体制へ(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP