주요 기사 바로가기

韓国人の労働時間「2163時間」、OECD2位…理由は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.25 13:54
0
韓国人の労働時間が、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中でメキシコに続いで2番目に長かったと調査された。

25日OECDによれば、昨年の労働時間を調査した結果、韓国が2163時間でOECDの加盟34カ国のうちメキシコ(2237時間)に続き2位となった。韓国人の労働時間はOECD平均である1770時間の1.3倍に及び、労働時間が最も少ないオランダの1380時間と比較すると1.6倍に達する水準だ。

韓国人の労働時間は2000年でも2512時間とメキシコ(2311時間)と大きな差で1位だった。以後2007年まで8年間1位を維持して、2008年に韓国が2246時間に減ってメキシコ(2260時間)に続き6年間2位を守っている。

2004年7月に施行された週5日制が労働時間の短縮に影響を及ぼしたものと見られる。特に世界金融危機を経て失業率が上がって時間制労働者が増えたことも影響を与えたと見られている。

一方、オランダとともにドイツ(1388時間)、ノルウェー(1408時間)、デンマーク(1411時間)、フランス(1489時間)など欧州の先進国の労働時間が概して少なかった。韓国人の労働時間が少しずつ減ってはいるが、ほかの諸国に比べると依然として長い傾向にある。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP