주요 기사 바로가기

【社説】セウォル号問題解くカギがどこにあるのか国民は知っている=韓国

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.08.24 13:10
0
光化門(クァンファムン)広場で断食をしていたセウォル号遺族のキム・ヨンオさんが病院に搬送された22日、朴槿恵(パク・クネ)大統領は釜山(プサン)のチャガルチ市場に行った。くっきりとした対照ほどに世論も交錯する。一方では朴大統領に遺族の手を握り話でも聞かなければならないという。しかしこの問題が政治問題に変質し青瓦台(チョンワデ、大統領府)の責任論に帰着することを懸念する与党の状況認識の前では通じない言葉だ。別の一方ではむやみに我を張ればすべて聞き入れなければならないのかと遺族の節制を望む側もある。だが、これもまた自分の子どもが無念の死を迎えたと信じる親に言う言葉ではない。

事実大統領が遺族に会うこと自体に大きな問題があるとは言えない。朴大統領は5月に青瓦台で遺族と面談し、「機会があればまた会えるようにする」と話した。また会ったからと大統領に責任が返ってくることでも、権威が損傷することでも、ひどい目にあうことでもない。その上朴大統領自らセウォル号特別法が必要ということに共感を示している。それならどのような形でも誠意を見せなければならない番だ。

青瓦台が「特別法は国会で与野党が合意し処理すること」という形式論理を盾とするのも1~2回だ。青瓦台が立法府の背中を押すばかりでは対岸の火事を見ているようなものという批判は免れ難い。遺族はすでに政界に、特に与党に傷つけられるだけ傷つけられた状態だ。その上遺族の周辺勢力が吹き出す雑音も大きくなっている。このような状況が続けば本質的問題はひとつも解決できないまま枝葉ばかり生い茂らせるだけだ。

もちろん青瓦台が積極的に取り組まないのには理由があるとみる。セウォル号政局に便乗しようとする野党陣営の戦術が目立っているためだ。捜査権と起訴権を持った真相調査委員会を通じ野党陣営は青瓦台と政府に刀を突きつけようとする考えを隠さずにいる。例えばセウォル号沈没事故当日の朴大統領の所在に対するうわさの検証、兪炳彦(ユ・ビョンオン)氏の遺体をめぐるミステリーの確認、国家情報院のセウォル号運航への介入などが野党陣営が狙うメニューだ。セウォル号がなぜ沈没し、なぜ多くの乗客を救助できず、再発を防ぐためには何をしなければならないかという本質的事案とは距離がある。これは青瓦台の警戒心を刺激するだけで事態収拾には何の役にも立たない。

その結果どちらか一方が譲歩しなければいつまでも進展なく同じ状況が繰り返される、囲碁で言う「循環コウ」になった局面だ。そこに至ることになった責任を離れいまだれかが譲歩すべきだとすれば、それによって局面を進展させることができるならば、どうしても青瓦台が出るのが当然の道理だ。国政の最高責任は常に青瓦台に帰結されるためだ。さらに遅くなる前に、まだ橋が途切れていない時に青瓦台が膠着状態を突破しなければならない。野党陣営の政治攻勢を押し切って遺族の心を動かさなければならない。そうするには形式論理をおさめ真心と誠意を示す必要がある。意志さえあれば方法はいくらでも見つけることができる。(中央SUNDAY第389号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP