주요 기사 바로가기

韓国トヨタ、プリウスタクシー発売

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.20 16:36
0
1/2
韓国のタクシー市場に投入されるトヨタのハイブリット車「プリウス」
韓国トヨタがハイブリッド車のプリウスを前面に出して現代(ヒョンデ)自動車ソナタの牙城だったタクシー市場に挑戦状を突きつけた。

トヨタは20日、プリウスタクシーを発売して本格的な販売に入ったと明らかにした。トヨタはプリウスタクシーが国内最高水準の都心走行燃費(1リットル21.7キロ)性能を出すという点を強調した。ほとんどの都心での国内タクシーの走行環境を勘案して最適な選択だということだ。複合燃費は21キロ毎リットル、高速道路燃費は20.1キロ毎リットルだ。

トヨタはまた、交通事故発生時に運転席と助手席に座っていた人の頭部を保護する「アクティブヘッドレスト」機能やアンチロック・ブレーキシステム(ABS)、電子制御ブレーキシステム(EBD)、トラクションコントロールシステム(TRC)といった走行安全システム、運転席に7つのエアバッグなどを装着して安全性を高めたと明らかにした。韓国トヨタ側は「オーストリアではプリウスタクシーが100万キロを走行もした」などとしながら耐久性に自信を見せた。現在、米国をはじめ日本・シンガポール・クロアチア・オーストリアでプリウスタクシーが運行されている。

 
価格は2600万ウォン(約260万円)。競争車である現代YFソナタの1465万~1839万ウォンよりは多少高い。だが来月の発売が発表されたLFソナタタクシーが従来のYFよりも200万~300万ウォン高くなるという業界の展望を考慮すれば価格差は500万ウォン以下に減る。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP