주요 기사 바로가기

ユニクロが石油化学業界の救援投手というが…(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.20 14:09
0
「柳井正ユニクロ会長が笑えば石油化学業界も笑う」

「ビッグデータ技術が石油探査市場を分ける」

一見すると首をかしげてしまう。だが冗談ではない。赤字を続ける石油化学とエネルギー業界の業況が気になるなら、ユニクロの石油化学リリーフ論に耳を傾ける必要がある。韓国では初めてシェールガス市場に参入したSKイノベーションの未来が気になるならビッグデータ技術を追ってみる必要がある。

異種産業であるユニクロの石油化学リリーフ登板から話を始めてみよう。登板の背景は衣類業の製造サイクルから始まる。服は天然繊維でも作るが、化学繊維が服の大部分を占める。ポリエステル繊維が代表的だ。このポリエステル繊維の原料は高純度テレフタル酸(PTA)だ。この原料は原油を精製して出るパラキシレンから作られる。この原料はペットボトルを作るのに使われたりもする。だが、パラキシレン→PTA→ポリエステル繊維へとつながる消費のために究極的には衣類消費により業況が変わる。

石油化学業界はこの数年間に増設競争を行った。パラキシレンが新たな収益源になるとして先を争って工場増設に乗り出した。ところが伏兵が現れた。中国だった。中国の大規模投資で増設競争は悪材料として返ってきた。パラキシレン価格が暴落し、工場を運営しても損失を出す状況になった。工場を完成させながらも正式稼動を先送りする所も出てきた。日本企業と数兆円の合弁投資を約束したGSカルテックスの許東秀(ホ・ドンス)会長は、「投資は年内に結論を出すのは難しい」と一歩後退した。先制投資をしたSKイノベーションも同様だ。数兆ウォンをかけて工場を建てたが、蔚山(ウルサン)工場は試運転をしている最中で、仁川(インチョン)工場だけが正常稼働に入った。サムスントータルもやはり1兆6000億ウォンを投じて工場を建てたが試験稼動だけしている。中途半端に生産を初めても赤字を免れられない懸念が高いからだ。

東部証券アナリストのユ・ドクサン氏は石油化学の業況が回復できるかを最終消費段階から求めた。ユ氏はユニクロやZARAのようなファストファッションが人気を得ればパラキシレン市場が良くなると予想した。昨年末基準でパラキシレンは世界で4100万トン生産された。これを消費するにはPTA5857万トン→ポリエステル繊維5189万トンが必要だ。世界の人口が1人当たり1年に購入する衣類は12キログラム。1着当たりの重さを800グラムと仮定してパラキシレン工場を稼動した会社が赤字を免れられる衣類消費量を計算した。彼の計算式によると、昨年と今年生産されたパラキシレンを消費するためには世界のすべての消費者が2.5着ずつ化学繊維で作られた服を買わなくてはならない。

◇企業はパラキシレン工場作っても稼動できず

業況回復につながる服は別にある。ジョルジオ・アルマーニのようなブランド服はマイナス効果を出す。彼は「ジョルジオ・アルマーニはスーツ1着で200~250グラムの製品を出すほど軽量化を追求しているが、これは究極的にパラキシレンメーカーには助けにならない」と話した。価格が高いだけで、使われる化学繊維の量は絶対的に少ないためだ。これに対しユニクロやZARAのようなファストファッションは友軍だ。彼は「ファストファッションの拡大で2010年以降世界の衣類消費が急速に増加した。ただ年平均の化学繊維消費増加率が4.3%台であることを考慮すると、市場回復は多少時間が必要とみられる」と予想した。
ユニクロが石油化学業界の救援投手というが…(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ユニクロが石油化学業界の救援投手というが…(1)

    2014.08.20 14:09
    뉴스 메뉴 보기
    SKイノベーションは最近、テキサスのクレーンカウンティーなど米国鉱区2カ所を買収し、韓国企業として初めてシェールガス開発分野に進出した。(写真提供=SKイノベーション)
    TOP