주요 기사 바로가기

「朴大統領の私生活」疑惑提起の産経新聞ソウル支局長を召喚調査

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.18 13:53
0
加藤達也産経新聞ソウル支局長(48)が18日、検察に出頭し、調査を受けた。

ソウル中央地検はこの日、加藤支局長を市民団体「独島(ドクト、日本名・竹島)サラン(愛)会」が大統領に対する名誉毀損容疑で告発した事件の被告発人として調査した。

加藤支局長は3日付の「朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?」と題する産経新聞ウェブサイト記事で、「朴大統領が旅客船沈没事故発生当日の4月16日、所在不明となっていた7時間、秘線のある男性に会ったといううわさがある」とし、「私生活疑惑」を提起した。

加藤支局長はこの日午前11時ごろ、ソウル中央地検の庁舎に弁護人と通訳人を同行して出頭、「報道の経緯」「召喚の心境」などを尋ねる記者の質問に何も答えず、調査室に向かった。

検察は産経新聞のこの記事が証券街の情報誌のうわさを根拠に「大統領の男女関係」「大統領の男性」などの表現を使って報道したことに対し、情報通信網利用促進及び情報保護法上の名誉毀損容疑を適用する方針だという。

これに対し加藤支局長は「朝鮮日報の7月18日付の記名コラム『大統領をめぐるうわさ』を引用して報道した」と釈明した。加藤支局長に対しては出国禁止措置が取られた状態だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP