주요 기사 바로가기

【社説】対話の提案に「火の海」で脅迫する北朝鮮

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.18 10:02
0
北朝鮮が昨日、韓米合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」(UFG)を非難し、先制打撃をすると脅迫した。例年の防御訓練であるUFGは今日から今月29日まで行われる。北朝鮮軍総参謀部は声明でUFGを北侵戦争演習とし、「先制打撃は我々が選択した任意の時に無慈悲に開始されるということを明らかにする」と述べた。声明は「強力な物理的攻勢が連続で取られることになる」とし、「火の海」「灰」という表現も使った。

北朝鮮のこうした予告は、韓国の対話・交流提案と訪韓中のローマ法王フランシスコの韓半島(朝鮮半島)平和メッセージに冷や水を浴びせるものであり、さらなる孤立を呼くだけだ。韓国政府は11日、北側に第2回南北高官級会談を19日に開催することを提案し、朴槿恵(パク・クネ)大統領も日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」式典での演説で民生・環境・文化の3つの通路から開こうと述べた。

北朝鮮は対南軍事脅迫を直ちに中断し、高官級会談に呼応するべきだ。政府が高官級会談の議題に制限を設けないと述べただけに、対話に出てきて懸案を議論するのが順序だ。南北がお互い実践可能な分野での交流と協力を通じて信頼が築かれる時、大規模な経済協力や政治・軍事的問題も議論できるのではないだろうか。北朝鮮の韓国哨戒艦「天安」爆沈による韓国の対北朝鮮制裁(5・24措置)の緩和や解除は、対南脅迫では決して実現しない。

北朝鮮は和戦両面戦術で韓国を揺さぶろうという動きも見せている。総参謀部が対南「火の海」脅迫をした日、金大中(キム・デジュン)元大統領の死去5年(18日)を迎え、開城(ケソン)工業団地では林東源(イム・ドンウォン)元統一部長官、新政治民主連合の朴智元(パク・ジウォン)議員ら韓国代表団に花輪を伝えた。2000年の第1回南北首脳会談当時の6・15共同宣言を強調しながら、南の葛藤を誘導しようという意図が見える。北朝鮮の二重の態度は光復節の前日にもあった。東海(トンヘ、日本名・日本海)に新型短距離発射体を飛ばしながらも、翌月の仁川(インチョン)アジア競技大会参加選手団名簿を送ってきた。政府は北朝鮮の挑発には断固対応するものの、対話には忍耐心を持って柔軟な姿勢で臨むことを望む。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP