주요 기사 바로가기

北朝鮮・日本に手を差し出した朴大統領…8・15演説

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.16 09:00
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が北朝鮮にまた手を差し出した。北朝鮮に南北高官級会談を提案してから4日ぶりだ。

朴大統領は15日午前、ソウル世宗文化会館で、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」式典の演説を行い、「南北が実践可能な事業から行動に移し、お互いの長所・短所を融合していくことを始めるのが至急だ」とし、北朝鮮に環境・民生インフラ・文化の3大分野で協力しようと提案した。

具体的に▼南北につながる河川や山林を共同管理▼10月に平昌(ピョンチャン)で開催される国連「生物多様性条約締約国会議」への北朝鮮参加▼離散家族再会と人道的支援の活性化▼生活環境の改善に向けた民生インフラ協力▼文化遺産の共同発掘--を取り上げた。

特に、来年は光復(解放)70周年であるだけに、これを記念する南北共同の文化事業を準備しようと提案した。朴大統領は「南北が今始められる小さな事業から一つ一つ推進していく」と述べた。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の関係者は「統一準備委員会が実質的に発足し、セウォル号事故後に中断した南北関係の改善が必要だという共感がある」とし「実質的な分野から一つずつ結実させていこうということ」と説明した。

朴大統領は南北高官級接触に関し、「(北朝鮮が)応じて、新しい韓半島(朝鮮半島)のための建設的な対話の契機を作れることを望む」と繰り返し促した。

朴大統領は特に「EU(欧州連合)が欧州原子力共同体(EURATOM)を作ったように、北東アジア地域で韓日中が中心となって原子力安全協議体を作ることを提案する」とし「米国とロシアはもちろん、北朝鮮とモンゴルも参加できるだろう」と述べた。

日本に対する接近法も柔軟になった。朴大統領は「来年は韓日国交正常化50周年を迎える」とし「両国は新しい50年を眺めながら未来志向的な友好協力関係に進まなければならず、このために残っている過去の歴史の傷を治癒しようという努力が必要だ」と述べた。続いて「来年は新しい未来に向けて共同で出発する元年になることを望み、日本の政治指導者の知恵と決断を期待する」と明らかにした。

こうした表現は、今年3・1記念日の演説での「過去の歴史を否定するほど、みずぼらしくなり、窮地に追い込まれることになる」、昨年8・15の演説の「(独島問題について)霊魂を傷つけ身体の一部を取っていこうとすれば、それは受け入れることはできない」という発言に比べて柔らかくなっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮・日本に手を差し出した朴大統領…8・15演説

    2014.08.16 09:00
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵(パク・クネ)大統領
    TOP