주요 기사 바로가기

【コラム】入国禁止→エボラ遮断は錯覚=韓国(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2014.08.12 13:14
0
1999年夏、米国・ニューヨークでは数多くのカラスの死体が発見された。数カ月後、ニューヨーク市民が原因不明の脳炎にかかって亡くなり始めた。ニューヨークに脳炎を流行させたウイルスはウエストナイルウイルスだと明らかになった。2012年には米国・カナダなど北米だけで120人以上が命を失った。その年10月には韓国でも初めての患者が確認された。

ラクダを介す病気と判明した新種コロナウイルスもこの頃防疫専門家たちには悩みの種だ。今年5月まで19カ国で621人が感染して188人が亡くなった(致死率約30%)。韓国と往来が頻繁になったサウジアラビア、ヨルダン、クウェートなどの中東国家で流行して病名も中東呼吸器症候群(MERS)だ。

2002年11月から中国、広東を中心に発生した後世界に広がった重症急性呼吸器症候群(SARS)の悪夢は今でも生々しい。

この3種類のウイルスと最近世界的な公衆保健イシューとして浮上したエボラウイルスには共通点がいくつかある。4種とも動物から人に移った感染病だ。効果的な予防ワクチンがなくて、致死率が高いこと(特にエボラ)も似ていた。しかし、韓国の対処の仕方には違いが生じる。

ウエストナイルウイルスが流行するといって米国・カナダ人を、コロナウイルスに関して中東人を、SARSの発源地という理由で中国人を入って来させないようにしようという話はなかった。ところがエボラウイルスが流行すると国際行事に参加しようとするアフリカ人の入国を問題にしている。なぜ唯一彼らなのか。ひょっとして何か差別意識が私たちの中に枠を作っているのではでないか。今秋韓国で流行性出血熱(韓国型出血熱)が流行したといって米国が韓国人の入国を妨げるならば韓国人はどんな反応を見せるだろうか。

ある国に口蹄疫など家畜の病気が蔓延したら、その国で生産された肉の輸入を拒否することはできる。しかし人の病気は違う。感染病発生国家の国民が航空機・船舶などを利用して海外に出て行く権利を完全遮断した事例はない。基本的な人権問題であるためだ。

(中央SUNDAY第387号)
【コラム】入国禁止→エボラ遮断は錯覚=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP