주요 기사 바로가기

【現場から】製作費足りず…物足りなさが大きかった慰安婦ミュージカル

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.07 10:59
0
観客の目が真っ赤になった。5日夜、ソウル大興洞(テフンドン)の麻浦(マポ)アートセンター・アートホールマック。約400人の観客が「心がとても痛む」と涙声で話した。日帝強制占領時期の慰安婦被害者の物語を扱った創作ミュージカル『コッシン』を見たためだ。(コッシンとは、花の刺しゅうが施された履物。チマチョゴリなどの韓服と合わせて履く。)

『コッシン』は総製作費約1億ウォン(約1000万円)をかけて制作された作品だ。『ゴースト』150億ウォン、『ディセンバー:終わらない歌』50億ウォン、『フランケンシュタイン』40億ウォンなど、最近上演されたミュージカルの製作費と比較してみると非常識とも言える金額だ。『コッシン』の製作者は数々の映画を手がけてきたイ・ジョンソ氏。昨年8月、ソウル光化門(クァンファムン)で慰安婦被害者の故イ・ヨンニョさんの路祭(荼毘のあと、家の前で行われる祭壇)を見た後に『コッシン』を構想し、才能寄付によって参加俳優・製作スタッフを集めた。17日までソウル公演を終えた後、城南(ソンナム)・大田(テジョン)・浦項(ポハン)など地方巡回公演をする計画だ。

『コッシン』の志に共感する人は多かった。脚本・作曲はすべて才能寄付によって完成し、キム・ジンテ、ユン・ポクヒ、ソ・ボムソク、カン・ヒョソンら有名俳優らが主役を演じた。40人余りの助演やアンサンブル約でオーディション公告を出すと、323人がやってきた。

しかし資金は集まらなかった。企業・個人の投資を全く受けることができなかった。そんななか大邱国際ミュージカルフェスティバルで創作支援金6000万ウォン余りを受け取って製作費に当てることができたのが幸いだった。イ氏は「残りは映画を作ろうと集めておいた資金をはたいて充てた」と話した。

不足した製作費は作品の中にそのまま現れている。『コッシン』の舞台は1000万ウォンだ。傾斜路と階段で構成された大型装置一つを、俳優があっちに回しこっちに回しを繰り返しながら公演時間2時間をつないでいく。また、オーケストラ伴奏の代わりに録音伴奏(MR)を使った。アンサンブル俳優のうちアマチュアも何人かいる。彼らの歌う歌詞すらしっかりと伝達されない始末だった。芸術的な完成度の側面で評価するならばVIP席9万9000ウォンのミュージカル公演と見るのは厳しい。男性主人公を演じた俳優ソ・ボムソク氏は「正直言うと舞台は大学劇水準にしかならない。2億ウォンほど追加であればはるかに良い公演を作ることができるのに」と話した。

しかし観客反応はあたたかかった。クライマックスで主人公の慰安婦被害女性が「私たちをいつまでも覚えておいておくれ。そうしてこそ再びこうしたことが起きないのじゃないかい」と話す時に涙がこみ上げない韓国人がいるだろうか。5日、公演を見るために京畿道加平(キョンギド・カピョン)から来たという主婦のキムさん(35)は「メッセージが心に届く」と話した。歴史性と真正性の力だ。

このため完成度に対する物足りなさはより一層大きなものになった。さらに「慰安婦」は中国進出も可能なコンテンツだ。5日の公演は中国国立オペラ劇場など中国の国営団体関係者3人も同席して観覧した。『コッシン』の中国公演を検討するために2泊3日の日程で訪韓したのだ。シャオ・リージュン世紀劇場総経理は「中国政府次元で日帝の蛮行に対する広報を広く行っている」とし「『コッシン』は中国でも歴史的意味が大きい作品」と話した。

日本の安倍政府は「慰安婦強制連行はなかった」として歴史の歪曲を続けている。企業からも政府からも、投資をしっかりと受けて『コッシン』を世界の観客が感動する芸術作品に熟成させる方法はないだろうか。世界10位圏の経済大国・韓国と年間売上3000億ウォン規模のミュージカル業界が考えてみなければならない課題だ。

イ・ジヨン文化部門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【現場から】製作費足りず…物足りなさが大きかった慰安婦ミュージカル

    2014.08.07 10:59
    뉴스 메뉴 보기
    ミュージカル『コッシン』。国に力がなくて守り切れなかった少女の物語が、製作費不足によりみすぼらしい舞台の上で繰り広げられている。(写真提供=(株)ミュージカル『コッシン』)
    TOP