주요 기사 바로가기

安重根義士の遺墨「敬天」が天主教のもとに=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.05 13:10
0
ソウル・蚕院洞(チャムウォンドン)聖堂は4日、敬虔なカトリック信者だった安重根(アン・ジュングン)義士の遺墨「敬天」を天主教ソウル大教区長の廉洙政(ヨム・スジョン)枢機卿に伝達した。伊藤博文を狙撃した安義士は旅順監獄に収監され殉国するまで220点余りの書を残したという。そのうちの50点余りが残されている。安義士の精神に感動した日本人らが当時絹と紙を持って書を書いてもらおうと列を作ったという。その中でも処刑直前に日本人の依頼を受けて書いた「敬天」は「信仰者安重根」を見せる極めて珍しい作品のひとつだ。

旅順監獄所長の孫が保管していたこの遺墨は20年前に初めて存在が知らされた。パク・サムジュン僧侶が日本を行き来して所蔵者を説得した末に買い取った。3月に7億ウォンで競売に出されたが入札は流れた。その後廉枢機卿の弟の廉スウィ神父が主任神父を務める蚕院洞聖堂司牧会が5億ウォン余りで買い入れた。

廉枢機卿は「本当に感激で恵み深い日だ。金寿煥(キム・スファン)枢機卿は安義士の正当性を認め、これまで教会が安義士を誤って判断した誤ちを認めたことがある。クリスチャンネームがトーマスである安義士は徹底した信仰者だった」と話した。パク・サムジュン僧侶は、「『敬天』は天を敬えという意味だ。『天の怖さを知れ。東洋平和を蹂躪するお前たちは必ず滅びてしまうだろう』という意味が込められたものと考える。遺墨が天主教に行き非常にうれしい」と感想を明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    安重根義士の遺墨「敬天」が天主教のもとに=韓国

    2014.08.05 13:10
    뉴스 메뉴 보기
    天主教ソウル大教区庁別館会議室で4日、安重根義士の遺墨伝達式が行われた。8日からソウル歴史博物館で一般に公開される。左から廉洙政枢機卿、キム・ジョンバク蚕院洞聖堂司牧会長、パク・サムジュン僧侶。
    TOP