주요 기사 바로가기

韓国版『のだめカンタービレ』、団員オーディション盛況…応募者1000人!

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2014.08.01 14:54
0
韓国版『のだめカンタービレ』がオーケストラ団員の募集に入った。爆発的な反響だ。

『のだめカンタービレ』側は先月24日、KBS(韓国放送公社)新館公開ホールでドラマに登場するオーケストラ団員の募集オーディションを行い、実力派応募者1000人余りが集まってドラマへの高い関心ぶりを証明した。ハン・サンウPDとイ・ゾンジン総音楽監督が参加して行われた今回のオーディションには、英国王立音楽院出身のチェリストをはじめドイツのミュンヘン国立音大、スイスのフェネルバフチェ音大など有名な世界的音楽学校で学んだ経歴の持ち主らが集まり、審査委員を驚かせた。応募者らは声をそろえて「原作漫画に熱狂したことが今も記憶に新しい」と話していた。

スタッフはドラマ制作発表と同時にレベルの高いクラシック音楽の実現を目標に、多方面に心血を注いでいる。楽器別に専門家を付けて細分化した練習を進めるかと思えば、ドラマに登場する音楽を確定するために選曲を何度も繰り返している。主役を演じる俳優チュウォンの場合、キャスティングが確定するとすぐに数ヶ月にわたる指揮法やピアノ、ヴァイオリン教習を受けて日々汗を流している。

制作会社グループエイト側は「オーケストラ団員募集のための大規模公開オーディションを行ったのは、韓国版『のだめカンタービレ』がクラシック音楽の舞台を背景にした作品なので、劇中のクラシック音楽の完成度を高めてドラマの格を一段階引き上げるため」と明らかにした。

韓国版『のだめカンタービレ』は、クラシック音楽の世界を舞台に熱血青春の奇跡のような愛と成長を描く。現在10月にKBS編成が確定している状態だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国版『のだめカンタービレ』、団員オーディション盛況…応募者1000人!

    2014.08.01 14:54
    뉴스 메뉴 보기
    韓国版『のだめカンタービレ』の団員オーディションの様子。
    TOP