주요 기사 바로가기

韓国南・西部に台風…週末の避暑客は注意を

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.01 13:45
0
日本の沖縄付近から西海(ソヘ、黄海)に向かって北上中の台風12号(NAKRI)が、1日から5日まで韓半島(朝鮮半島)に影響を及ぼす見込みだ。休暇シーズンを迎えて海水浴場や川を訪れる避暑客も注意が求められる。ナクリ(NAKRI)はカンボジアが世界気象機関(WMO)に提出した名前で、花の一種。

気象庁は31日、「31日午後3時現在、台風は沖縄の西南西側130キロ付近の海上を、時速22キロで北西に進んでいる」とし「弱い中型台風の12号の中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は時速86キロ(秒速24メートル)」と伝えた。

台風は北上しながら勢力が強まり、1日には中間強度に発達すると予想される。台風は海水温度が低い西海に入りながら、3日ごろ勢力が次第に弱まり、移動速度が低下して西海にとどまると、気象庁は見通した。台風は西海の中部まで進んだ後、5日ごろ勢力がさらに弱まり、熱帯低圧部に変わるとみられる。

済州と西海岸は台風の進行方向の右側「危険半径」に入り、少なからず被害が懸念される。危険半径では台風の進行方向と風の方向が一致し、台風の左側に比べ風がはるかに強い。これを受け、1日には済州道南側から台風の直接的な影響を受け、2日からは西・南海岸で強風とともに高波が防波堤や海岸道路を越えるところがあると予想される。また、1日に済州をはじめ、5日まで全国的に1時間あたり40ミリの大雨とともに、100-200ミリの雨が降る。

一方、慶尚北道慶山市は31日の最高気温が39.9度となった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP