주요 기사 바로가기

「慰謝料5万ウォン」「デート代返還」…あふれる“感情”訴訟=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.30 15:43
0
ソウル中央地方裁判所第2別館202号民事小額法廷。被告席に座った母と娘は興奮状態だった。すべき話をノートに書いてきた母親が言葉に詰まると、20代後半と思われる娘が出てきた。「契約当時に不動産仲介料は確かに0.5%差し上げることにしたと。社長が嘘をついています」。この言葉に50代の不動産仲介業者はカッとなった。「何の話ですか。0.9%払うとおっしゃったじゃないですか」。

約束した仲介手数料が「150万ウォン」だという母娘と「270万ウォン」だという仲介業者の間で一歩の譲歩もない言い争いが続いた。2006年に任用されてこの1年半、民事小額裁判を担当してきたパク・ドンボク判事(37)はこうした状況に慣れたように仲裁に入った。「いったん調整をしてみます。お嬢さんですね。当事者ではありませんので一緒に話をするならば委任状を出されなければなりません」。

民事小額裁判は、2000万ウォン(約200万円)以下の事件を簡単な手続きで処理するものだ。ソウル中央地方裁判所をはじめ全国の裁判所にくる民事事件の70%以上が小額事件だ。通信社の料金紛争、交通事故の保険金請求のように一般市民の生活と密接な事件が主流だ。ソウル中央地方裁判所の場合、20の単独裁判所で民事小額事件を処理している。

22日、パク判事が午前10時から進めた事件は計1800件。普段よりも30件ほど多い。2分に1件のスピードで処理しなければスケジュールに間に合わない。パク判事は「裁判が遅れれば傍聴席で自分の順番を待つ人たちの表情が変わり始める」と話した。

小額裁判は99.9%、ニュースの種にはならない。金額も少なく有名人も登場しない。だが小額裁判の流れを見渡せば、世相が見えてくる。この頃は、とりわけ「腹立たしくて」「怒りがおさまらず」に裁判所を訪れる人が多いという。5万ウォンの慰謝料訴訟、数億ウォン代の土地紛争で勝っても「その間の精神的苦痛に腹が立つ」として100万ウォンを請求した事件もある。一種の「感情訴訟」だ。

この日の午後、202号法廷に立ったキム氏姉妹の事件もそうした類だった。姉(44)と妹(35)は酒を飲んで口げんかを始め、体の小競合いにまで発展した。足を怪我した妹は、治療費210万ウォンと精神的慰謝料など1000万ウォンを求めて訴訟を起こした。姉妹は少女時代までさかのぼった。パク判事が調整を勧告して調整委員室に場を移したが、姉妹はついに和解できなかった。
「慰謝料5万ウォン」「デート代返還」…あふれる“感情”訴訟=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「慰謝料5万ウォン」「デート代返還」…あふれる“感情”訴訟=韓国(1)

    2014.07.30 15:43
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル中央地方裁判所のパク・ドンボク判事が今月に公示送達として処理すべき訴訟書類を調べている。書類に張られた黄色いポスト・イットに、宣告日時と時間が記されている。
    TOP