주요 기사 바로가기

<アジア大会>テコンドー界の“アイドル”イ・テフン、国内選抜戦で優勝

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.30 13:07
0
1/2
“太拳アイドル”イ・テフンがパク・ドンホを退け、仁川アジア競技大会63キロ級の出場権を獲得した。写真は2012年ロンドン五輪決勝当時のイ・テフン(右)。(写真=中央フォト)
2012年8月9日、ロンドンオリンピック(五輪)テコンドー競技が行われた英エクセルロンドンサウスアリーナ。韓国テコンドーの看板イ・テフン(22、竜仁大)は男子-58キロ級の決勝戦が終わった後、うな垂れた。過酷な練習で普段は65キロ前後だった体重を58キロまで落とした後、精神力で持ちこたえて決勝まで進出したが、金メダルの一歩手前で力尽きた。

スペインのホエル・ゴンザレス・ボニヤ(25)との決勝戦では蹴りを受けてダウンするなど一方的に攻撃を受け、8-17で敗れた。無理な減量で体力が落ちたのが原因だった。競技の後、イ・テフンは「五輪の失敗を活かして必ず再起する」と誓った。

イ・テフンは約束通り立ち上がった。五輪後は自分の主種目の-63キロ級と1クラス上の-68キロ級を行き来しながら、各種国際大会で金メダルを獲得している。アジア競技大会2連覇にも照準を合わせた。

29日にソウル駅三洞の国技院で行われた仁川アジア競技大会代表選抜戦を通過し、2010年広州大会に続く2連覇に向けて期待を高めた。今大会の男子-63キロ級には、イ・テフンを含む5人の強豪がいた。大韓テコンドー協会が8つの階級のうち金メダルの可能性を考慮し、男子部-54キロ級、-63キロ級、-74キロ級、-80キロ級、-87キロ級、87キロ超過級の計6階級にのみ選手を送り出すことを決めたため、体重が似た選手が-63キロ級に集まったのだ。選抜戦を控え、関係者らは「イ・テフンがアジア競技大会2連覇を達成するためには、国内選抜戦を通過するのが先」と話すほど狭い門だった。

大韓テコンドー協会はアジア選手権で優勝したイ・テフンにアドバンテージを与えた。残り4人の選手が予選トーナメントを通じて一人の最終勝者を決め、その選手とイ・テフンが決勝戦を行う方式を導入した。1試合して勝てばよいイ・テフンが有利だと予想されたが、現実はそれほど易しいものではなかった。

トーナメントで2試合をして決勝に進出したパク・ドンホ(世宗大)が好調だったうえ、体力回復時間が十分に与えられたため、競技序盤はまだ体が動いていなかったイ・テフンがむしろ苦戦した。1回戦で0-1とリードを許したイ・テフンは2回戦まで頭への攻撃を2度も許し、6-8と劣勢だった。逆転ドラマは3回戦に起きた。イ・テフンが頭への攻撃を含めて7回も攻撃を成功させ、15-12と試合をひっくり返した。勝負強いイ・テフンの長所が光った試合だった。

イ・テフンは“美男選手”として有名になったが、同僚選手の間では“根性”でよく知られる。ロンドン五輪最終選抜戦当時、鼻骨を骨折しながらも最後まで耐え抜いて競技を終え、出場権を獲得したエピソードが有名だ。

アジア競技大会の出場権を獲得した直後、イ・テフンはテコンドー人としての責任感を語った。「大会2連覇よりも重要なことは『テコンドーはつまらない』とか『韓国はもうテコンドー最強ではない』という偏見を打ち破ることだ」。イ・テフンは「仁川アジア競技大会では鮮やかな回し蹴りでテコンドー人気に火をつける」と約束した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP