주요 기사 바로가기

【コラム】あの日の誓いはどこへ?=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.29 16:56
0
東亜日報が興味深いことをした。国を人に形象化すればどんな姿になるか絵に描いてみたのだ(7月28日付4面)。

東亜日報は韓国などいくつかの国の各種経済・社会的指標を経済協力開発機構(OECD)平均値と比較した結果を人体の各部分に代入した。例えば人体の頭に該当する社会指導層のリーダーシップは、OECD平均値を100とする場合、韓国は71.1だった。政府の信頼度、政治家の信頼度、経営者の信頼度、企業家の社会的責任感など、社会指導層のリーダーシップに関する指標を基準として算出した数値だ。当然、韓国の頭は「鳥の頭」ほど小さく描かれた。

韓国の社会的資本(胸)は85.5、生活の質(腹)は64、民間部門の効率性(右腕)は83.4、公共部門の効率性(左腕)は78.8と計算された。経済成長(右脚)は77.6、分配と福祉(左脚)は76.9だった。頭からつま先まですべての部位が平均値に達していない。これに基いて人の形を描いてみると、実にみすぼらしい体型となった。全体的にげっそりやせているうえ、四肢が細い。胸は貧弱で、腹は細長い。脚は弱くて長く走れず、少し走れば息切れする。何よりも頭脳の容量が小さいため、状況判断と危機対処能力が落ちる。

米国やドイツ、フランス、日本など他の先進国は韓国よりはるかに健康であり、バランスが取れた体型だ。最もうらやましい体を持つ国はドイツだ。肩が広く、両脚は丈夫だ。両腕には力が感じられる。頭は大きく、腹には艶がある。それに比べ、韓国は風が吹けば飛んでいきそうなほど弱々しい。

旅客船セウォル号沈没事故で韓国の貧弱な体格は正体を現した。すべての身体機関が非正常的に小さく弱いことが明らかになった。正常な体型であれば事故自体が発生することもなかったが、たとえ発生してもあれほど無気力に対処してはいないだろう。事故発生から約1カ月後の5月19日、朴槿恵(パク・クネ)大統領が涙を流しながら自らを叱責し、国家改造を誓ったのも、韓国社会のこうした奇形的なスタイルを変えなければセウォル号事故のような惨事が繰り返されるという切実な問題意識のためだったはずだ。

しかし今の姿を見ると、いつそんなことがあっただろうかと感じるほどだ。朴大統領が国民向け談話で見せたあの日の覚悟と誓いは、いつのまにかすべて忘れられたようだ。痛烈な自責と反省の土台の上で、今度こそ本当に何かを変えると思われた勢いは影も形もなく、政界の言い争いだけが続いている。セウォル号事故真相調査委員会の構成のための特別法制定をめぐり与野党が繰り広げている攻防を見ていると、いら立ちを越えて怒りがこみ上げてくる。いったい捜査権が何であり、この問題でこのように争うのか。
【コラム】あの日の誓いはどこへ?=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP