주요 기사 바로가기

北朝鮮でバス墜落、中学生約50人全員死亡…北朝鮮最高の名門中

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.29 13:43
0
今年5月24日、北朝鮮の江原道馬息嶺(カンウォンド・マシクリョン)で中学生約50人が乗った観光バスが墜落し、全員死亡したという事故情報が遅れて確認された。この事故で犠牲になった生徒たちは「金正日(キム・ジョンイル)の母校」である平壌(ピョンヤン)第1中学校3年生だ。

29日の東亜日報の報道によれば、この日平壌第1中学3年の生徒たちは江原道元山(ウォンサン)の松涛園(ソンドウォン)国際少年団野営所に移動する間に事故に遭った。平壌第1中学校は北朝鮮の最高名門校とされ、事故で亡くなった生徒たちのうち北朝鮮高位級幹部の子供が多数含まれているという。

事故が発生した平壌元山高速道路の迂迴路である馬息嶺旧道路区間の道幅は、車2台がすれ違うこともできないほど狭く道路の外側にはガードレールもない。「虹の洞窟」などトンネル3本があけられているが頻繁な崩壊事故で詰まってしまい、この迂迴路を利用するケースが少なくなったという。

その上、バスが道路の下の馬息嶺の谷間に落ちて生徒たちが安全ベルトも締めずに全員死亡したものと見られる。

生徒たちの行き先だった松涛園野営所は、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が今年だけで4回も訪れた場所だ。金正恩は昨年、松涛園野営所を世界最高の学生野営所として整備するよう指示し、力を注いだ。これに対し北朝鮮当局は最精鋭の建設部隊である第267軍部隊が馬息嶺スキー場の工事を終えた昨年11月から野営所の再整備を進めた。

今年5月2日、北朝鮮の朝鮮中央放送は野営所竣工式を報道して「松涛園野営所の竣工で全国では青少年たちの喜びにあふれた笑い声が満ちているが、祖国の南方の地では修学旅行に向かった幼い生徒たちが死に至り、子供たちを失った親たちの泣き叫ぶ声が昼夜に響いている」としてセウォル号惨事についての立場を明らかにしていた。

しかし11日後の5月13日、300人余りの死亡者を出した平壌市平川(ピョンチョン)区域のアパート崩壊事故が発生した。その11日後には馬息嶺バス墜落事故が起きたのだ。北朝鮮当局は外部に情報が流れ出ないよう徹底的にかん口令を敷いていたという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP