주요 기사 바로가기

韓国自治体が都市再生で成功するには(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.28 17:20
0
「仁川(インチョン)市民の税金850億ウォン(約85億円)が投入された月尾島(ウォルミド)の月尾銀河レール建設は人類都市計画史に残るスキャンダルだ。犯罪レベルに達したランドマーク建設の事例だ。それほどの費用を投入して運行を一度もできないのは世界でも類例を探すのが難しい。仁川市だけでなく他の地方自治体でも関心を持ちながら、なぜこのような事態になったのかを確認しなければいけない」。

英国で都市再生研究をする都市社会学者であり建築家のキム・ジョンフ博士(45、ロンドン大UCL地理学科)の指摘だ。最近訪韓したキム氏は「都市計画処理方式の根本的な変化が必要だ」と強調した。「各地方自治体で“大成功”の虚像にはまり、都市を一気に回復させようという試みはギャンブルと同じだ」とし「いま韓国社会は成功例に劣らず『失敗探求』に視線を転じる必要がある」と述べた。

最近、キム氏の研究テーマ「都市再生」に関心が集まっている。キム氏の3週間の訪韓日程はこうした雰囲気を傍証している。地方自治体対象の講演9回を含め、国策研究院、企業、大型建築設計事務所などでの講演が計18回予定されている。ほとんど毎日講演するということだ。過去3年間、国内の全国の都市でした講演は100回を超える。キム氏に話を聞いた。

--多くの地方自治体の関係者に会っているが。

「各地方自治体の都市再生プロジェクトを直接、間接的に見る機会があった。すでに予算を投入して手がけながらも、私に意見を尋ねたりする。これは事業の方向に対する確信と意志が不足しているという意味だ。また、検証の装置なくプロジェクトを推進しているという意味でもある。むやみに海外成功例を真似たり、カンに頼って推進している事業こそリスクが大きい」

--海外の例を真似ている代表的な例は。

「使わない発電所は美術館に、廃線の敷地は散歩道に開発すればよいと考えることだ。例えばソウルの唐人里発電所の活用案を論じる時、必ず出てくる話が美術館だ。他の代案があるかもしれないのに議論をしない。海外の成功例に注目するのは、それを“どのように”推進したかを見るために重要だが、“何”を作ったかばかりに集中している」

都市再生は従来の都市が活力を失った場合、経済・社会・環境の側面で活力を取り戻す事業をいう。本来の機能を失って放置された産業施設を再利用したり、都市に新しい機能を導入(新築含む)することをいう。キム氏は都市の再生に関し、顕著な成果に執着する代表的な事例として壁画と、公共施設の整備、ランドマークづくりなどを挙げた。容易で素早い方法であるため関心が大きいということだ。


韓国自治体が都市再生で成功するには(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国自治体が都市再生で成功するには(1)

    2014.07.28 17:20
    뉴스 메뉴 보기
    都市社会学者のキム・ジョンフ博士は「都市再生は韓国社会が数段階成熟できる機会。専門家と地域住民が地域の価値を調べて合意する過程が核心」と述べた。
    TOP