주요 기사 바로가기

安倍首相「韓日関係の改善に努力」…朴大統領「慰安婦問題の解決を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.26 09:27
0
安倍晋三首相が25日、訪韓中の舛添要一東京都知事を通じて、朴槿恵(パク・クネ)大統領に「韓日関係改善のために努力する」というメッセージを伝えた。

舛添知事はこの日、青瓦台で朴大統領と会談し、「訪韓前、安倍首相との対話で、私が『韓日関係は非常に重要な関係なので、未来志向的に発展させなければいけない』と話すと、安倍首相は『私もそう考える。表敬訪問が実現すれば、韓日関係改善のために努力するということを朴大統領に伝えてほしい』と述べた」と明らかにした。

これに対し朴大統領は「韓日両国は北東アジアの平和・繁栄のために一緒に協力するべき友邦」とし「正しい歴史認識に基づいて真の信頼関係を築き、両国関係をしっかりと発展させていくことを願う」と述べた。続いて「どの国も領土と歴史があり、領土は国民の身体であり、歴史は国民の魂」とし「魂が傷つけば根本が揺れる。両国は地理的、歴史的に緊密に交流してきたが、政治が両国国民間の友情を遠ざけてはいけないと考える」と話した。

日本政府の右傾化の動きなどのため日本の政治家と距離をおいてきた朴大統領が、国内で日本政界関係者に会ったのは就任後初めて。

40分間続いた会談で、朴大統領は慰安婦問題に関し、「両国間の問題だけでなく、普遍的な女性人権問題であるため、誠意のある努力でうまく解決していくことを期待している」と述べた。続いて「(日本)政治家の不適切な言動により、両国関係においていろいろと困難を加重させている。特に歴史問題について、正しい歴史認識を共有しながら、両国が安定的に関係を発展させていけるよう努力してほしい」と述べた。

舛添知事は東京都知事の名札にハングルの名前も入れるほど代表的な知韓派に挙げられる。日本国内の反韓デモに対し、朴大統領は「隣国の国民の感情を傷つけ、日本の国際的イメージも失墜させかねない問題。東京都レベルで我々の同胞の生業と安全が脅かされないよう確実な対策を立ててほしい」と述べた。

舛添知事は「日本国内の一部のヘイトスピーチは非常に恥ずかしい行為」とし「東京都では秋の人権週間を設定し、人権啓蒙努力をしていく計画だ。2020年東京オリンピックを控え、こうしたヘイトスピーチが続けばオリンピックを開催できないという覚悟で、東京に居住する韓国人など外国人の安全を守っていく」と話した。舛添知事は会談後、日本の記者から安倍首相のメッセージの中に首脳会談関連の内容はあったのかという質問を受けると、「コメントしない」と答えた。

韓国外交部の関係者は「安倍首相のメッセージを持ってきたとしても、従来の立場とは特に違うところはないとみている」とし「大統領が舛添知事に会ったのは、対話に対する意志を明らかにした前向きなメッセージだと見ることができるが、政府は今回の会談と首脳会談の推進は別にみている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    安倍首相「韓日関係の改善に努力」…朴大統領「慰安婦問題の解決を」

    2014.07.26 09:27
    뉴스 메뉴 보기
    朴大統領が25日、青瓦台で舛添要一東京都知事と会談し、韓日関係について「正しい歴史認識が基礎にならなければ、真の信頼関係に進むのは難しい」と述べた。朴大統領が国内で日本の政界関係者に会ったのは就任後初めて。(写真=青瓦台写真記者団)
    TOP