주요 기사 바로가기

大画面のアップルと低価格の小米…反撃に苦心するサムスン

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.24 13:29
0
中国の小米がサムスン電子の「ギャラクシーS5」の半分に満たない価格で最高級スマートフォンを発売した。アップルはサムスン電子が独歩的な位置にある大画面スマートフォン市場に進出する。サムスン電子が中国と米国のメーカーにはさみ撃ちされた格好だ。

低価格携帯電話で裾野を広げてきた小米は5インチディスプレー、3050ミリアンペア時バッテリーなどを搭載したプレミアムスマートフォン「Mi4」を発売した。さらに製品出庫価格は16GBモデルで33万ウォン(約3万2570円)、64GBモデルで41万3000ウォン程度と、「ギャラクシーS5」の86万6800ウォンや「G3」の89万9800ウォンなど今年発売されたスマートフォンと比較しても半分以上安い。

アップルも攻勢に出た。▽マージンを減らしてもシェアは増やす▽時にはトップメーカーのアイデアも借りる▽価格は下げる――などサムスンが2007年のiPhone発売直後に使った戦略まで借用してだ。スマートフォン市場を生み出したアップルだったがサムスンのこうした攻勢戦略にはお手上げになるほかなかった。特許訴訟を起こしサムスンの成長を遅らせるのがアップルが使えた戦略のすべてだった。だが、状況は変わった。サムスンが業界トップに登り詰める間に、アップルと小米などがサムスンが使ったファーストフォロワー戦略をそのまままね始めたのだ。

特にアップルはサムスンが主導してきた携帯電話とタブレットを融合した「ファブレット」市場に後発走者として参入することにした。9月発売予定の「iPhone6」に4.7インチと5.5インチのディスプレーを搭載することにしたのだ。サムスンが「ギャラクシーノート」で相対的に優位に立った大画面スマートフォン市場でサムスンを揺さぶりシェアを引き上げるという戦略だ。

通信業界関係者は「高画質動画やイメージなどをスマートフォンで見てきた消費者の中にはギャラクシーノートからiPhoneに乗り換えるケースがかなりあるだろう。これまでファブレット市場で絶対的な優位にあったサムスンの立場では最も強力な競争者が現れた格好だ」と説明した。 

財務通のアップルのティム・クックCEOは「利益最大化」のために、サムスンが有力市場としていたBRICsなど新興国でiPhoneの供給量を集中的に増やす「レッドオーシャン戦略」も駆使している。

22日に開かれたカンファレンスコールでクックCEOは「BRICs諸国でiPhoneの販売台数は55%に達する高い成長を見せた。中国内の需要は予想よりはるかに強く、今後もこうした状況は持続するだろう」と説明した。

今年9月に「ギャラクシーノート4」を出して業績不振を挽回するという戦略を立てたサムスンはアップルと小米の脅威への対策作りに腐心している。内部的には曲面有機ELディスプレー、拡張現実技術などサムスンが比較優位にあるハードウェア技術を掲げ“正攻法”で突破するという方針を立てた。外資系IT企業者役員は「サムスンはiPhoneで危機を迎えた時もハードウェアの仕様を最高級に引き上げギャラクシーシリーズを出して状況を反転したケースがある。だが、スマートフォン産業の成長が大きく鈍化していることから、こうした戦略がまた通じるかは確信し難い」と説明した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP