주요 기사 바로가기

<韓国旅客船沈没> 逃避同行の運転手が「消えた20億ウォン」のカギ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.23 14:23
0
兪炳彦(ユ・ビョンオン)清海鎮(チョンヘジン)海運会長(73)の死亡とは関係なく、兪会長一家と側近に対する捜査は継続する方針だ。

兪会長の逃避を助けた運転手のヤン・フェジョン容疑者(55)、救援派信徒のキム・ミョンスク容疑者、シン・ミョンヒ被告(64、拘束)の娘パク・スギョン容疑者(34)、兪会長の長男のユ・テギュン容疑者(44)は潜伏した状態だ。

ヤン容疑者は兪会長の逃避行為を最もよく知る人物だ。検察によると、ヤン容疑者は4月24日から1カ月間、兪会長の隠れ家を用意し、捜査の動向を把握して兪会長に伝えた疑い。ヤン容疑者は兪会長とともに全羅南道順天松峙斎サービスエリア付近の別荘に隠れていた。

5月25日の検察の捜索当時、兪会長を別荘に置いて全州に逃げた。ヤン容疑者は全州市徳津区のある葬儀場に逃走車を置いて消えた。この過程で足を引きずる兪会長のように行動するなどかく乱作戦を実行した。検察・警察はヤン容疑者が夫人と一緒に隠れているという情報を受け、京畿道安城の宗教施設「錦繍院(クムスウォン)」周辺の救援派信徒の家などを最近、家宅捜索した。しかしヤン容疑者は見つからなかった。

検察はヤン容疑者が兪会長が逃避中に持っていたお金が入ったかばんの行方も知っているとみている。検察は、兪会長が逃避中の先月4日ごろ、別荘周辺の土地と建物を現金2億5000万ウォン(約2500万円)で買ったことを確認した。地主は兪会長がかばんに入った5万ウォン札の現金の一部を取り出して代金を支払ったと述べた。検察はかばんの大きさからみて、20億ウォンほど入っていたとみている。

キム・ミョンスク容疑者の行方も五里霧中だ。キム・ミョンスク容疑者は兪会長の逃走を総括企画したイ・ジェオク・ヘマトセントリックライフ財団理事長(49)が拘束された後、逃避の核心的な役割をしてきた。キム・ミョンスク容疑者は兪会長一家に対する捜査が始まると、錦繍院に数千人の信徒が集結するよう主導した。

ユ・テギュン容疑者は検察の召喚に応じず潜伏した。ユ・テギュン容疑者は4月19日、仁川空港でパリ行きの飛行機に乗ろうとしたが、出国禁止となったことを知り、逃走した。検察・警察は1億ウォンの懸賞金をかけてユ・テギュン容疑者を追っている。

パク・スギョン容疑者がユ・テギュン容疑者の逃避を助けているとみている。パク容疑者は4月29日、蔚山市新亭洞のあるマートで、たばこやパンを購入し、現金領収書を受けた。テコンドー有段者のパク容疑者はユ・テギュン容疑者を警護する役割をしているという。

ユ・テギュン容疑者が自首するという見方も出ている。母が拘束されたのに続き、父まで死亡したことが伝えられれば、心理的に大きく揺れる可能性があるからだ。ユ・テギュン容疑者が検挙されなければ、犯人隠匿・逃避容疑で捜査対象となる人はさらに増えることも考えられる。

兪会長の長女ユ・ソムナ被告(48)は5月27日、パリ現地の警察に逮捕され、拘禁されている。3回の保釈申請はすべて棄却された。ユ・ソムナ被告は9月17日に韓国に送還されるかどうか決まる。フランス裁判所が韓国への身柄引き渡しを決めてもユ・ソムナ被告がこれに従わず、パリ最高行政裁判所に控訴する可能性があり、送還時期が遅れることも考えられる。

次男ユ・ヒョクキ容疑者はユ・テギュン容疑者と同じように逮捕令状が発行されたが、米国に滞在中だ。検察はユ・ヒョクキ容疑者の行方を把握していない。米国に滞在中と知られるキム・ヘギョン韓国製薬代表取締役やキム・ピルベ元ムンジンメディア代表(76)など兪会長の側近に対する検挙作業も進展がない。検挙しても送還までは少なくとも数カ月から数年かかると予想される。

ソン・グクビン・タパンダ代表(62)ら主な系列会社の代表は次々と起訴され、裁判を受けている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP