주요 기사 바로가기

韓国研究陣、エイズウイルス感染防ぐ物質を発見

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.22 14:09
0
エイズ(後天性免疫不全症候群)を起こすヒト免疫不全ウイルス(HIV)の遺伝体分解酵素を韓国の研究陣が発見した。エイズ感染を防ぐワクチンの開発に重要な手がかりを提供するとみられる。

ソウル大生命科学部のアン・グァンソク教授、ユ・ジョンミン博士課程研究員チームは、細胞の中の特定蛋白質(SAMHD1)がHIVのRNAを見つけ出して分解するのを確認した、と明らかにした。21日に世界的な科学ジャーナル『ネイチャー』の医学分野姉妹誌『ネイチャーメディシン』オンラインに掲載された論文でだ。

エイズはHIV感染で体内の免疫細胞「CD4陽性T-リンパ球」が破壊される病気。このため免疫力が落ち、他の病気にかかりやすくなり、十分に治療を受けなければ死亡する。

これを防ぐにはHIVの子孫が体内に広がるのを防がなければならないが、これまで確実な方法は見つかっていなかった。HIVの独特の特性のためだった。HIVは通常のウイルスとは違い、DNAでなくRNAが子孫をまき散らす核心遺伝体の役割をする。ウイルス外被にあったRNAが宿主の細胞質に会えばDNAが合成され、これが宿主の核の中に入って染色体を変える方式だ。

従来の治療剤はこの過程でHIVがRNAをもとにDNAを作る過程を妨げるのに焦点を合わせた。しかしHIVのRNAは速いペースで突然変異(塩基配列変化)を起こす。このため薬を作っても、すぐに耐性を持つ菌株が発生し、薬が効かなかった。

一方、研究チームは今回、SAMHD1が直接RNAを分解する機能をし、特にRNA塩基配列とは関係なくHIVを認識するということを確認した。アン教授は「エイズ感染を防ぐ新しい概念のワクチン開発研究につながるだろう」と述べた。

世界エイズ感染者は約3500万人、韓国国内の感染者は7788人(2012年基準)。国連のエイズ対策機構の国連エイズ計画(UNAIDS)は最近、「2030年までにエイズの拡散を防げるだろう」という見方を示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP