주요 기사 바로가기

ロシアへ移籍するパク・ウンソン、韓国サッカー界が追い出した?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.21 13:15
0
「傷ついた英雄」は結局、「脱出」を選択した。韓国女子サッカーの看板スター、パク・ウンソン(28、ソウル市庁)が、ロシア女子プロサッカーの強豪、WFCロシヤンカに移籍する。

今年2月にイングランド女子サッカー、チェルシー・レディースに入団したチ・ソヨン(23)に続き、もう一人の欧州組が誕生したが、選手自身と周囲の雰囲気は明るくない。形式は自発的な海外進出だが、中をのぞくと暗うつな状況に追い出されるように韓国を離れる格好だ。

ソウル市の関係者は20日、中央日報との電話で「パク・ウンソンはロシヤンカに行く。女子サッカー(WKリーグ)のシーズン中だが、選手自身の海外進出意志があまりにも強く、引き止めることができなかった」と話した。続いて「すでに選手と両球団の意見はかなり一致している。球団オーナーのソウル市長の裁可を受けた後、契約書に署名すれば交渉が完了する」と説明した。

「ワールドクラスのゴールゲッター」にふさわしく、パク・ウンソンの契約条件は破格的だ。従来の2倍に近い1億ウォン(約1000万円)ほどの年俸という。セミプロリーグの形で環境が劣悪な女子サッカーで、億ウォン台の年俸は特級待遇だ。チェルシーレディースで活躍中のチ・ソヨンも年俸は5000万ウォンにならない。

ロシヤンカ球団がパク・ウンソンに巨額を提示したのは、2000年代半ばの全盛期を取り戻すためだ。1990年にモスクワ近隣クラスノアルメイスクで設立されたロシヤンカは、自国リーグで計4回の優勝と5回の準優勝を誇る強豪。

韓国女子サッカーの地位を一段階高めた移籍だが、パク・ウンソンの欧州行きを眺めるサッカー関係者の気持ちは複雑だ。追い出されるように去っていくからだ。

パク・ウンソンは最近、チーム練習に参加していたが、コンディションが上がらず苦労した。4月に女子代表入りした後、5月の女子アジアカップで得点王(6得点)になるなど意欲を取り戻したパク・ウンソンがスランプに陥ったのは、自分を対象にセクハラ問題を起こしたWKリーグの指導者に対する懲戒がないからだ。

昨年10月にWKリーグ6球団の指導者がパク・ウンソンに対し「性別が疑わしい」として性別検査を要求して物議をかもした後、国家人権委員会がこうした行為をセクハラ、人権侵害と結論づけ、大韓サッカー協会に懲戒を勧告した。しかしまだ処罰はない。主務機関の女子サッカー連盟と上級機関である大韓サッカー協会は人権委の勧告後、5カ月以上もお互い責任を転嫁している。

あるサッカー関係者は「女子連盟は『独自に処罰の程度を決めることはできない』とし、サッカー協会に決定を一任したが、サッカー協会が『女子連盟が先に処罰関連の草案を作って提出すべき』として差し戻す状況が2回も繰り返された」とし、「人権委の指針が強制規定ではないという点を悪用し、両団体がパク・ウンソンをもう一度傷つけている」と非難した。

女子サッカーのある関係者は「当初は今季後の海外移籍を考えていたパク・ウンソンが計画を操り上げたのは、問題を起こしたWKリーグの指導者と現場で会うストレスに耐えられなかったため」とし「ソウル市庁が大乗的なレベルでシーズン中の移籍を許諾しなければ、パク・ウンソンはこれ以上耐えられなかっただろう」と述べた。

パク・ウンソンの突然の移籍で、アジア競技大会の金メダルに挑戦する女子サッカー代表が直撃弾を受けることになった。

国際サッカー連盟(FIFA)がAマッチとして公認しないアジア競技大会の場合、海外のチームに代表招集への協調を求めるのが容易でない。

ユン・ドクヨ女子サッカー代表監督(53)は「現在ではソウル市庁が移籍交渉の過程で、パク・ウンソンのアジア競技大会出場を約束することを望まなければならない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ロシアへ移籍するパク・ウンソン、韓国サッカー界が追い出した?

    2014.07.21 13:15
    뉴스 메뉴 보기
    パク・ウンソンは韓国を2015年カナダ女子ワールドカップ(W敗)本大会に導いたが、サッカー界の関係者の偏見と無責任な行政に懐疑を感じ、ロシア移籍を選択した。(中央フォト)
    TOP