주요 기사 바로가기

北朝鮮「南側、青瓦台の指令で応援団規模・国旗などに難癖」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.18 11:27
0
北朝鮮は18日、「仁川(インチョン)アジア競技大会の参加問題を話し合う南北実務接触が決裂したのは、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の指令を受けて急変した韓国の不当な態度のせい」と主張し、「大会への参加を根本的に見直す」と明らかにした。

朝鮮中央通信は前日、板門店(パンムンジョム)で開かれた南北実務接触の便りを伝えて「南側の不当な態度と挑発行為によりいかなる合意も成し遂げることができなかったうえ、次の会談日も決められないまま決裂した」と報じた。

また「我々は仁川で行われる第17回アジア競技大会に選手団と共に応援団を派遣することについて改めて明らかにし、選手団と応援団の規模、飛行機と陸路による往来経路と必要な輸送手段、競技進行と応援活動、身辺安全問題と通信保障および我々の記者の取材活動などに関連して合理的な提案を出した」と説明した。

中央通信は北側が実務接触の午前会議で北側選手団と応援団の規模、移動経路、交通手段、競技進行、応援、身辺安全、通信保障、報道機関の取材などに関して“合理的な提案”をしたとし、「午前の会談でこちら側の案に呼応していた南側が、午後には青瓦台の指令を受けて完全に急変して挑戦的な態度で出てきた」と主張した。中央通信は「南側は指令を受けようと、午後2時に予定されていた午後の会談を2時間15分も遅延させ、一歩遅れて会談テーブルに出てきてからは午前に行った話をすべて覆しながら『国際慣例』とか『代表団の規模が大きすぎる』などと難癖をつけてきた」とし、「『南側の情緒』『身辺安全保障が難しい』などとしながら応援団の規模と国旗の規格にあきたらず、共和国旗はもちろん『朝鮮半島の旗(統一旗)』も大きいものはダメだと挑戦してきた」と指摘した。

中央通信は「我々は南側のそのような態度が実務会談を決裂させ、我々が競技大会に参加することを阻むための故意的な行為であることについて追及する。南側が継続して挑戦的に出るというのなら、競技大会への参加を根本的に見直すつもりであることと、競技大会参加問題は全面的に南側の態度如何にかかっているということを明らかにした」と付け加えた。

北側は今回の実務接触で仁川アジア競技大会に選手団と応援団を350人ずつ派遣する方針を打ち出していた。彼らの韓国滞留費用問題に対しては具体的に言及しないまま「便宜提供」を要請したことが伝えられた。

また韓国側の会談関係者は「単一チームの構成と共同入場、共同応援に対する提案はなく、こちら側からは『国際慣例と規定』を強調して具体的な問題は協議可能だという立場を明らかにした」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP