주요 기사 바로가기

<ヘリ墜落事故>「ほぼ垂直に落下」…学校・マンション避けようと機首下げたか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.18 09:17
0
セウォル号の事故現場に投入されていた消防ヘリコプターが墜落し、搭乗者5人が亡くなった。事故が起きた場所は学校やマンション団地、商店街などが密集した地域で、大型惨事になるところだった。専門家たちは「ヘリが突然、高度を急激に下げて建物と建物の間に墜落した点から推測して、ヘリの操縦士が人命被害を最小限に抑えるために努力したようだ」と話した。

17日午前10時53分ごろ、光州市光山区長徳洞(クァンジュシ・クヮンサング・チャンドクトン)スワン地区のマンション近くの道路周辺に、江原(カンウォン)消防第1航空隊所属の消防ヘリが墜落した。この事故で機長チョン・ソンチョル消防警(52)、副機長パク・インドル消防尉(50)、整備士アン・ビョングク消防長(38)、救助隊員シン・ヨンニョン消防校(42)、イ・ウンギョ消防士(31)ら搭乗者5人が全員死亡した。女子高生のパクさん(18)はヘリの破片が足にあたって病院で治療中だ。事故ヘリはフランスのユーロコプター社が製造した人命救助用(14人乗り)で、2001年に国内に導入された。ヘリはマンションの建物と中学校の間に、ほぼ真っ逆さまの状態で墜落した。マンション団地とは10メートルほど離れている。20メートルほど離れた中学校では生徒1360人余りが授業をしていた。墜落場面を目撃した住民オ・ヒョンソク氏(30)は「ヘリがほとんど垂直に刺さったように見えて、操縦士が建物との衝突を避けたように思える」と話した。

草堂(チョダン)大学のチョン・ウォンギョン教授(コンドル飛行教育院)は「地表面に近接して高度が急激に低くなったことから、操縦士が意図的に操縦した可能性がある」とした。パク・チャンスン光州市消防航空隊長(58)は「ヘリや航空機の乗務員は墜落時に(自己の)犠牲を甘受しても人命や財産被害を最小限に抑えるよう着陸する訓練を受ける」と話した。
<ヘリ墜落事故>「ほぼ垂直に落下」…学校・マンション避けようと機首下げたか(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP