주요 기사 바로가기

“色仕掛け”にはまった国防部将校、「秘密会議録」まるごと渡す=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.16 11:13
0
国防部の領官級将校が武器仲介商の“色仕掛け”の罠にはまって陸海空軍の防衛力改善事業軍事機密31件を武器仲介業者に譲り渡していたことが明らかになった。色仕掛け作戦に動員された女性は、武器仲介商が直接採用した20代女子職員だった。

ソウル中央地検公安第1部(イ・ヒョンチョル部長)と国軍機務司令部は15日、合同捜査の結果発表でこうした内容を公表した。英語講師出身の主犯キム氏(51、拘束起訴)は1999年からフランス防衛産業企業タレスのコンサルタントと海外防衛産業関連企業K社の理事として勤めて武器取引の仲介をしてきた。海外防衛産業企業から10年間にわたり武器仲介コミッション(1%)と報酬で稼いだ金だけで54億ウォン。キム氏は普段から、国防部防衛事業庁と各軍本部の領官級将校らと親密な関係を築いていた。彼は昨年11月、ソウル江北(カンブク)のある一流ホテルのバーで働いていた女性(29)を職員として採用したと検察は話した。この女性は今年2~6月、空軍本部の企画戦力参謀部のパク中佐(46、拘束起訴)、防衛事業庁国策事業団のチョ少佐(45、拘束起訴)、防衛事業庁計画運営部のチェ大佐(47、書類送検)らとたびたび会っていた。キム氏が主催する酒の席に同席したり、スキー場旅行や登山に同行した。

そのおかげなのかパク中佐は今年3~6月に「中長距離誘導武器導入事業」「潜水艦性能開発」「海上監視レーダー事業」など自身が業務上取り扱った20件の事業と関連した3級軍事機密文書をキム氏に渡した。15の防衛力改善事業の秘密が入った合同参謀会の会議録をまるごとコピーしてキム氏に直接渡したりもした。チョ少佐は遊興飲食店などで2回の接待を受けて「小型武装ヘリコプター開発事業結果報告書」を取り出した。チェ大佐は防衛事業庁の飛行実習用訓練機の購買計画などをメモしてキム氏に渡し、その代価として250万ウォンのほか遊興飲食店の接待を受けていたという。

キム氏は、“色仕掛け”のほかに現金やプレゼントも使った。現役将校6人に現金500万ウォンやチェックカード(デビッドカード)など1000万ウォン相当を提供したと調査された。ある現役将校には1億ウォンを借用したように見せかけ利子分として1000万ウォンを上乗せしたこともあったという。

また予備役将校出身の「軍マフィア」を職員またはコンサルタントとして採用して機密を引き出した。K社のヨム部長(41、拘束起訴)は対空誘導弾射撃支援体系の事業作戦運用性能など5件の事業の3級秘密を引き出してキム氏に渡した。予備役空軍のチョン中佐(59)も2010年からK社のコンサルタントとして働いて4件の事業関連3級秘密を漏えいしたという。

大手企業のH社防衛事業本部に勤めるシン部長(48)は2008年に入手した海軍次世代護衛艦(FFX)戦力推進事業関連2級軍事機密をキム氏に渡した容疑で書類送検された。

キム氏は引き出した陸海空軍の防衛産業関連機密31件を英文翻訳作業を経てフランスのタレス、米国B.E.メイヤーズなど10カ国21社の海外防衛産業企業や韓国支社2カ所、韓国防衛産業企業L社など2カ所の計25社に渡した。キム氏は特に海外防衛産業企業との接触が発覚することに備えて、海外出張に行く際は自身の双子の兄のパスポートと人的事項を活用し、身分を偽装していたと分かった。

検察関係者は「防衛産業実務を担当する領官級将校が、防衛産業企業および再就職した予備役将校らと数年間にわたり不適切な親密関係を維持して秘密文書を大量に渡していた事件」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP